出資馬一覧

最近のコメント

« 道中はマイペースで追走。勝負どころで仕掛けていくも反応・動きがモタモタ。ポジションを押し上げていくのに脚を使ってしまい、残り200m過ぎで伸びが止まる。結果的に58キロが響いて3連覇ならず。★モンドインテロ | トップページ | ロードなお馬さん(放牧組・千葉ケイアイファーム) »

2018年8月10日 (金)

アクシデントがあった前走の影響少なく、前目の位置でレースの流れに乗る。最後の直線で懸命に粘り込みを図るも、最後は力尽きての4着。良く頑張っています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

土曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)4着(7番人気) 丸山J

大外枠からスタートするとジワッと前を窺い、3番手で流れに乗ります。逃げた勝ち馬をマークする形で最後のコーナーを回り、直線懸命に追われると、前には引き離され後続にも迫られますが、何とか4着に粘り込んでいます。

丸山騎手「前回スタートからポジションを取るため出していったことが影響したか、1週目のスタンド前までは少しハミを噛んでいました。それでも3角過ぎまでは手応えがよかったので、『これなら勝ち負けできる』と思ったのですが、前半噛んだ分、最後は少し甘くなってしまいました。でも9歳という年齢でよく頑張っていると思いますよ。滞在競馬も合っているのか、凄く具合がいいと感じました」

黒岩調教師「札幌の気候が合うのか、こちらに来てからは元気一杯で具合の良さを感じていました。前走の敗因が掴みきれなかったので、手探りの状態でしたが、その中でも段階を踏んで、状態を上げることが出来ました。前回は2000mだったのでポジションを取るために前半から急かしたことで、馬が戸惑ってしまったのかもしれないと考え、『今回はゆっくり進めてジワッと追い上げよう』と丸山騎手と話していたのですが、前回出していったことで、今回はかなり行きっぷりが良かったですね。馬自身が『焦らなくてもいい』ということを理解するまで少し時間を要しましたが、逃げ馬が勝つ展開だったことを考えると結果的にポジションは悪くなかったと思います。最後のコーナーで勝ち馬に並びかけるところまで行かなかったところは力の差を感じましたが、それでも最後までバタッと止まることなく4着に粘り切ったのですから評価できると思います。馬体や普段の雰囲気からは全く年齢を感じさせないのですが、競馬の後の回復に少し時間がかかるようになっているのは事実です。札幌の最終週に同条件のレースがありますが、ここまで続けて2戦していますし、特に長距離戦は消耗が激しいですから、ここは無理せず一息入れる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大外枠でもスッと好位につけてスムーズに立ち回り、最後までバテることなく粘る。昨年2着のレースで、きっちりと変わり身を見せた。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:7日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧

黒岩師「競馬の後も馬体に異常はなく、7日にノーザンファーム空港へ放牧に出しました。牧場スタッフと打ち合わせたところ、長距離路線は選択肢が限られてきますし、札幌最終週の丹頂Sは時間的にまだ余裕があるので、そこも視野に入れて状態を見ていこうということになりました。回復が早いようであれば、すぐに帰厩の準備を整えますが、あくまでも馬の状態次第で、無理をさせるつもりはありません」(8/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の七夕賞でジャンプしてトモを落とした走りになってしまうアクシデントがあったシルクドリーマー。その後の様子をじっくり窺い、昨年2着しているこのレースへと駒を進めてきましたが、不可解な出来事があった後の1戦だけに今回は無事に走り終えてくれれば満足でした。9歳馬ですし、前回のようなことが起きれば、引退に繋がってしまう訳ですから。

スタートはそれほど早くなかったですが、前走である程度出していったことが響いて、序盤はハミを噛むところがあって行きたがる素振り。何とか丸山Jがなだめてくれるも、予定よりも前目の位置でレースの流れに乗ることになりました。

道中は淡々と流れ、後方から捲ってくるような馬はなし。逃げたグランアルマダが下がっていき、3角過ぎからは結果的に勝つことになるヴォージュと併走。早目に交わしたかったのでしょうが、手応えに差があり、付いていくのに精一杯。最後の直線を向くと、スッと突き放されてしまいました。

それでもシルクドリーマーはパタッと止まることなく、渋太さを発揮。懸命に2着死守を図りますが、アドマイヤエイカン・カラビナに差し込まれて最後は4着へと下がってしまいました。序盤、ハミを噛んでしまったのが、最後の最後で堪えた感じです。

レース後のドリーマーですが、馬体に異常は見受けられないも、使ったなりの疲れが見受けられることもあり、7日にNF空港へ放牧済。札幌最終週の丹頂Sを視野に入れていますが、使うかどうかは今後の回復次第です。

9歳になって回復に時間を要すようになったみたいですが、レースではまだまだ元気のあるところを見せてくれているシルクドリーマー。来年で10歳を迎えますが、まずは10歳での出走を目指して1戦1戦を大事に使っていってもらいたいです。

« 道中はマイペースで追走。勝負どころで仕掛けていくも反応・動きがモタモタ。ポジションを押し上げていくのに脚を使ってしまい、残り200m過ぎで伸びが止まる。結果的に58キロが響いて3連覇ならず。★モンドインテロ | トップページ | ロードなお馬さん(放牧組・千葉ケイアイファーム) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクドリーマー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道中はマイペースで追走。勝負どころで仕掛けていくも反応・動きがモタモタ。ポジションを押し上げていくのに脚を使ってしまい、残り200m過ぎで伸びが止まる。結果的に58キロが響いて3連覇ならず。★モンドインテロ | トップページ | ロードなお馬さん(放牧組・千葉ケイアイファーム) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ