2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 他馬の出脚が速く、最内枠で揉まれる競馬になったも、諦めることなく追走できたのは○。ただ、手応えが十分残っていたのにいざ追い出してからが案外。この馬にはちょっと時計が速過ぎたのかも。★ソーディヴァイン | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・入厩組) »

2018年7月29日 (日)

大幅に馬体を減らした前走からの立て直しに時間を要するも、その甲斐あって良い状態でレースへ臨めそう。ただ、時計面での限界があるので、上位を窺うまでは正直厳しそうで…。★タイムレスメロディ

Photo タイムレスメロディ(牝・高野)父ディープインパクト 母アコースティクス

日曜小倉8R 3歳上500万下・牝馬(芝1200m)8枠15番 川又J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで追い切り

高野師「25日に坂路コースで追い切りました。先週と同様に1本目に時計を出しましたが、動きはなかなか良かったですよ。放牧先から戻ってきてから、最初のうちは日によって筋肉の硬さが見られましたが、時間を掛けていくにつれて状態は良化してきました。蒸し暑さの影響もなく、この馬なりに飼い葉を食べてくれていますし、体調は安定しています。ダートの走りは悪くありませんでしたが、もう一度芝に戻してみることにしました。そこまで大きく負けてはいませんし、立ち回り一つでチャンスが出てくると思うので、頑張ってもらいたいですね」(7/25近況)

助 手 22栗坂良 55.8- 39.4- 25.6- 12.7 馬なり余力 キラープレゼンス(新馬)馬なりに0.3秒先行同入
助 手 25栗坂良 52.5- 38.0- 25.1- 12.6 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉2日目(07月29日)
8R 3歳上500万下
サラ 芝1200メートル 指定 牝馬 定量 発走13:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ワンダーアマービレ 牝4 55 松若風馬
1 2 ディープアドラーレ 牝4 52 西村淳也
2 3 フナウタ 牝4 55 和田竜二
2 4 クールファンタジー 牝4 55 幸英明
3 5 プライムチョイス 牝3 52 太宰啓介
3 6 ハトマークワルツ 牝4 55 小坂忠士
4 7 ファミーユボヌール 牝4 55 鮫島克駿
4 8 フェールデュビアン 牝3 50 富田暁
5 9 シーサイドロマンス 牝3 52 高倉稜
5 10 ゼーリムニル 牝5 55 高田潤
6 11 ナタリーバローズ 牝5 55 松山弘平
6 12 ケワロス 牝3 52 浜中俊
7 13 フラウティスタ 牝4 54 荻野極
7 14 メジェールスー 牝3 52 岡田祥嗣
8 15 タイムレスメロディ 牝5 53 川又賢治
8 16 トウカイレーヌ 牝4 55 武豊
8 17 アオアラシ 牝4 55 国分優作

○高野師 「立て直して良化。前走とは毛ヅヤ、体のボリューム感が違います。芝で改めて」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走はタイムレスメロディとすれば珍しく在厩しての2戦目+福島への長距離輸送。馬体の維持が大きな課題になってくると心配していましたが、レース当日の馬体重は408キロ。想定以上に減ってしまっていました。また、レースでは行き脚が付かず、他馬のキックバックを嫌がり、後方からの競馬に。最後はジリジリと差を詰めてはいましたが、10着に敗れてしまいました。

その後は減った馬体を戻す為にNFしがらきへ放牧に。内面を調べてみると、胃潰瘍の症状が見つかり、まずはその治療を行いながら、時間を掛けて馬体の回復+状態アップに努めてきました。そしてようやく態勢が整った今月12日に栗東へ戻ってきています。

帰厩後の調整に関しては、筋肉が硬くならないように注意しながら、坂路での追い切りを消化。この馬とすれば良い時計で動けてはいます。硬さのある馬なので暑い時季の方が体調が良いのでしょう。

今回は3戦ぶりの芝。ダートの方が安定していると思いますが、小倉だとダ1000mかダ1700mの条件しかありません。さすがにダ1000mは忙しいということもあり、レース間隔の空いた今回は芝への挑戦となったと思います。

勿論、芝でも前走10着からの巻き返しは見込めますが、これまでの戦績から時計面で限界があるのも事実です。状態の良さを生かしてどこまで食い込めるかなあというのが正直なところです。

« 他馬の出脚が速く、最内枠で揉まれる競馬になったも、諦めることなく追走できたのは○。ただ、手応えが十分残っていたのにいざ追い出してからが案外。この馬にはちょっと時計が速過ぎたのかも。★ソーディヴァイン | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)タイムレスメロディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 他馬の出脚が速く、最内枠で揉まれる競馬になったも、諦めることなく追走できたのは○。ただ、手応えが十分残っていたのにいざ追い出してからが案外。この馬にはちょっと時計が速過ぎたのかも。★ソーディヴァイン | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ