2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ここまで順調に来ていたので嫌な負け方だけは避けたかったが、その心配をよそにソツのない競馬で着差以上の完勝。見事デビュー戦を勝利で飾る。☆シングルアップ | トップページ | 今週の出走馬(6/9・10) »

2018年6月 7日 (木)

位置取りは後ろになってしまったも、ラチを頼りに走らせることで右回りにメド。今後も堅実な走りを続けていって欲しい。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

日曜阪神11R グリーンS(芝2400m)4着(6番人気) 北村友J

まずまずのスタートを決めると、無理せずラチを頼りながら中団9番手あたりを追走、勝負どころでややポジションを下げましたが、最後の直線に差し掛かり、懸命に追い出しにかかると、上がり最速の脚で4着まで追い上げたところでゴールしています。

北村友騎手「右回りコースだと内にモタれるところがあると聞いていましたので、ラチを頼りながら追走しました。ただ、向こう正面の仮柵のところでペンタトニックが内から上がってきた為にポジションを下げることになってしまったのが痛かったですね。あれがなければもう少し際どいレースになっていたと思うだけに、上手くエスコートが出来なかったことが悔やまれます。道中は余計な力を使うことなく、リラックスして走れていることで、最後まで脚を使ってくれましたし、右回りコースでも今回のように上手く立ち回れば、差のない競馬をしてくれると思います」

武市調教師「やはり長距離輸送で馬体重は14キロ減ってしまいましたが、450キロを切らなければ力を発揮してくれると考えていたので、想定範囲内で出走させることが出来ました。ジョッキーには右回りコースだと内にモタれるところがあることから、出来るだけラチを頼りながら追走してほしいと伝えていましたが、向こう正面で後ろの馬に内に入られたところ以外は上手く立ち回ってくれたと思います。結果は4着ではありましたが、右回りコースでも上手く立ち回れば差のない競馬をしてくれましたし、収穫のあるレースだったと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

リングハミ。14キロ減でも腹回りはまだ絞れそうなくらいに見えた。出たなりで後方から。道中もマイペースで無理せず追走。2着馬の後ろにいたので3角で同じように下がってしまったが、勝負どころから3着馬についていく形でロスなく追い上げ、直線もジワジワ伸びた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/8日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

武市師「向正面で他馬に内へ入られてしまったことでポジションを落とすロスはありましたが、直線は進路を探せるくらい余裕がありましたし、全体的に上手に走れていたのは良かったと思います。こちらに戻ってきて状態を確認させていただきましたが、脚元を含めて特に異常は認められませんでした。ただそれほど間隔を空けずレースに出走させてきましたし、この後は無理せず放牧に出させていただきたいと思います。NF天栄での状態を見ながら、今後の予定を検討していきたいと思います」(6/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

阪神への輸送で馬体が減ってしまうことを懸念していましたが、前走からマイナス14キロでの出走となったグランドサッシュ。レース画像を見ると、極端に細くなった感じはありませんし、嫌な発汗もなし。冬場は少し余裕のある馬体で出走していたのかなと思います。

レースは内へモタれることを計算して、内ラチぴったり走らせる作戦。好枠を引き当てていたのでレースはしやすかったと思いますが、思っていたより後ろからの競馬になったのは誤算というか勿体なかったという感じ。直線を向いてから仕掛ける形になってしまいました。

まあ、それでも最後まで内にこだわったグランドサッシュ&北村友Jは馬群を捌いて、最後までしっかり脚を繰り出してくれたと思います。開幕週の綺麗な馬場も後押しになったでしょう。4着と馬券に絡む走りは出来ませんでしたが、苦手な右回り+関西への輸送で内容のある競馬を見せてくれました。こういう競馬に徹すれば、今後右回りでもある程度計算できる走りを見せてくれるでしょう。

レース後のグランドサッシュですが、大きな反動はなさそう。ただ、脚元に持病を抱えていますし、馬体を減らしてしまったのでNF天栄で立て直されることに。大きく落ち込む前に余裕を持たせることは大賛成ですし、夏競馬はこの馬にあった芝の長丁場がありません。9月の中山を目標にじっくり充電させても良いぐらいです。

7歳になってOP入りは難しいと思いますが、グランドサッシュには大崩れなく、適条件でコツコツ頑張っていってもらいたいです。

« ここまで順調に来ていたので嫌な負け方だけは避けたかったが、その心配をよそにソツのない競馬で着差以上の完勝。見事デビュー戦を勝利で飾る。☆シングルアップ | トップページ | 今週の出走馬(6/9・10) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

グランドサッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここまで順調に来ていたので嫌な負け方だけは避けたかったが、その心配をよそにソツのない競馬で着差以上の完勝。見事デビュー戦を勝利で飾る。☆シングルアップ | トップページ | 今週の出走馬(6/9・10) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ