最近の記事

出資馬一覧

« 競馬の形が定まってきて確実性は出てきたも、トモの緩さから最後のひと押しが物足りず。3着に終わる。★ピボットポイント | トップページ | 今週の出走馬(6/16・17) »

2018年6月14日 (木)

揉まれ弱さは変わっていないも、外目に持ち出してからのレース内容はマズマズ。今回は勝ち馬が強すぎただけでそんなに悲観する必要はなし。今後は去勢して精神面の改善を図ることに。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

土曜東京9R 八王子特別(ダ2100m)4着(5番人気) 木幡巧J

ブリンカー着用。スタートから出鞭を入れて前を窺いますが、思ったほどの行き脚がつかず、中団の内目から追走します。向こう正面で外に出して3コーナーから徐々に進出を開始しますが、直線は懸命に追うも前との差は詰まらず着でゴールしています。

木幡巧也騎手「スタートしてからステッキを入れて先手を取ろうとしたのですが、いい頃に比べると行きっぷりが一息でした。それでも1コーナーには持ったまま入れましたし、その後の感じも悪くありませんでした。ただ、馬が近づくとフワッとするところがありました。途中で外に出すとハミをグッと取ってしっかり走っていたので、揉まれない方が良いのだと思います。でも休養前に比べるとレース振りは良くなっていますし、一息入れたことが良かったのだと思います」

牧調教師「帰厩後は活気を無くさないように、久々でもあまり攻め込み過ぎないように気を付けていました。競馬当日も休養前に比べ元気がありましたし、そういう点では上手く調整できたと思います、それにレース内容も休養前に比べ何とか形にはなっていたと思います。ただ、スタートからの行きっぷりが、良い時に比べると物足りなかったですし、巧也(木幡巧也騎手)の話では、道中は馬込みに入ると気を抜くところが見受けられたようです。ブリンカーを着けていても、そのような状況だということを考えると、精神面の改善を図るため、もう一歩踏み込んで対策を講じる必要がありそうです。そこで天栄サイドと協議し、去勢を行うことを検討することになりました。この後の福島・ダ1700m、新潟・ダ1800mではさらに流れが忙しくなりそうですし、ここで間隔を空けることになるならば、今回がいいタイミングかもしれません」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

太目も好馬体。中団の内々から向正面で外に持ち出す。勝負どころでジワッと押し上げて行くと、上位3頭には離されながらも、一杯一杯に粘り込んだ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

牧師「休み明けでしたが仕上がりは悪くなかったですし、いくらか復調気配は窺えたものの、このクラスならば久々でもいい勝負をしてくれると思っていただけに、勝ち馬から1秒以上も離されるというのは物足りない結果を言えるでしょう。レースでは本気で走っていないことが見受けられますし、このままでは、この後の福島・ダ1700mや新潟・ダ1800mを使ったとしても追走に苦労するだけだと思います。この馬の能力を発揮できないのは何とももどかしいので、近日中に放牧に出し、去勢をして気性面の改善を図ろうと思います。今のタイミングで行えば、秋競馬から復帰できるでしょう」(6/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OPから1000万下へ2つ降級してレースへ臨んだリゾネーター。勝ち馬から1秒以上の差が付いたのは不満と言えば不満ですが、今回は勝ち馬が強すぎただけ。準OPで連続2着していましたし、終わってみればこの舞台が最適じゃないかなと思う程の完勝でしたから。

ゲートを五分に出たリゾネーターですが、行き脚は一息。木幡巧Jに促されて4番手を取り切ることは出来ましたが、外から他馬が来るとフワフワする感じ。向正面で外目に出してから行きっぷりが良くなったように揉まれ弱さは変わらずじまい。勝負どころからは外目を押し上げていって悪くない雰囲気で最後の直線へ。いざ追われてからピリッとした脚は使えませんでしたが、自分から止める感じはなく、最後までジリジリと脚は使ってくれました。

この敗戦には人それぞれに受け止め方はあるでしょうが、私個人とすればそんなに悲観はしていません。揉まれない競馬に徹すれば、このクラスなら十分太刀打ちできるでしょう。あとはスタートしてスッと行き脚が付いてくれれば。

レース後のリゾネータですが、疲れ・反動は大丈夫そう。ただ、レース後から言われてきたように陣営は精神面の改善を図りたい様子。近日中にNF天栄へ放牧に出し、去勢されることに。精神面の改善と共に大型馬で馬体を持て余しているところがあったので、体質強化に繋がってくれればと思います。

« 競馬の形が定まってきて確実性は出てきたも、トモの緩さから最後のひと押しが物足りず。3着に終わる。★ピボットポイント | トップページ | 今週の出走馬(6/16・17) »

リゾネーター」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競馬の形が定まってきて確実性は出てきたも、トモの緩さから最後のひと押しが物足りず。3着に終わる。★ピボットポイント | トップページ | 今週の出走馬(6/16・17) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ