2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(藤原英厩舎) | トップページ | 6日に函館競馬場へ到着。次走の鞍上は蛯名Jを予定しています。☆ブライトクォーツ »

2018年6月 7日 (木)

勝ち馬に主導権を奪われ、Sペースからの瞬発力勝負に。直線半ばでエンジンが掛かるも勝ち馬を脅かすところまで行かず。2着に敗れる。★インヘリットデール

Photo インヘリットデール(牝・高野)父ルーラーシップ 母フサイチエアデール

土曜阪神10R 三木特別(芝1800m)2着(1番人気) M.デムーロJ

まずまずのスタートを決めると、中団やや前目の4~5番手あたりを追走、残り600mを過ぎたあたりから徐々に進出を開始し、最後の直線で懸命に追い出しにかかりますが、逃げ粘る馬を捉えきることが出来ず、2着にあがったところでゴールしています。

M.デムーロ騎手「スッといい位置に取り付けてリズムよく競馬が出来ました。道中の手応えが良く、勝負どころで仕掛けに入るとしっかり反応してくれたので、これなら捉えきることが出来ると思いましたが、勝ち馬がなかなか止まってくれませんでした。最後までよく頑張ってくれましたが、勝った相手が一枚上でした」

高野調教師「ミルコもレース前にこれまでの競馬を見て研究してくれていたようですが、スタートは良かったものの、位置取りが消極的になって、いつもよりポジションが悪くなってしまいました。開幕週の馬場ですから、さすがに前で競馬をしている馬が楽に行っている分、捉えきるところまでいかなかったですね。最後まで一生懸命に全力を出し切ってくれただけに、ジョッキーと意思疎通がうまくいかなかったことが悔やまれます。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで、今後の予定を検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:阪神6月23日・京橋特別

高野師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、レース前と変わらず飼い葉をよく食べていますし、馬体に大きなダメージも見られません。今週いっぱい様子を見させていただき、それでも変わりないようであればこのまま続戦させたいと思います。6月23日に阪神・京橋特別がありますので、そこを一つの選択肢として考えています」(6/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インヘリットデールは良くも悪くも相手なりのタイプなので、降級戦とはいえ阪神の外回りコースなら何かに差されてしまうことは重々承知していましたが、レース展開は意外な感じに。

出たなりの位置で脚を溜め、じっくり運んだインヘリットデール。序盤はその形で良いとは思うのですが、3角過ぎても動かず、4角を回ってくる時も中団の位置。結局、最後の直線を向いてから仕掛けることに。M.デムーロJはそれでも捉えられる感触はあったんでしょうが、スッとトップギアに入る馬ではないので、いざ追い出されてからモタモタし、外へ立て直すロスもありました。残り200mあたりでグッと外から伸びてはくれたのですが、勝ったブラックスピーチとの差は詰まらずじまい。2番手でレースを進めていたロードスターを交わすのがやっとでした。

まあ、勝ち馬は3歳時にスイートSを勝ち、オークスと秋華賞へ駒を進めた素質馬。血統的にSペースからの瞬発力勝負では分が悪いですし、今回は主導権を握る競馬を選んだ福永Jの好判断にやられてしまいました。インヘリットデールも地力は示してくれたのですが、消極的な競馬だったと言われても仕方ないかなとは思います。

レース後のインヘリットデールですが、飼い葉食いも良く、レースでのダメージは軽微。念の為に今週一杯は様子を見守るようですが、変わりなければ続戦の予定。中2週のローテで阪神・京橋特別を予定しています。次走は4つのコーナーを回る芝2000m戦。器用さが生きるこの条件の方が合っていると思うので、降級2戦目できっちり決めてもらいたいです。

« ロードなお馬さん(藤原英厩舎) | トップページ | 6日に函館競馬場へ到着。次走の鞍上は蛯名Jを予定しています。☆ブライトクォーツ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

インヘリットデール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(藤原英厩舎) | トップページ | 6日に函館競馬場へ到着。次走の鞍上は蛯名Jを予定しています。☆ブライトクォーツ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ