2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】2018年度募集予定馬・発表 | トップページ | 位置取りは後ろになってしまったも、ラチを頼りに走らせることで右回りにメド。今後も堅実な走りを続けていって欲しい。☆グランドサッシュ »

2018年6月 7日 (木)

ここまで順調に来ていたので嫌な負け方だけは避けたかったが、その心配をよそにソツのない競馬で着差以上の完勝。見事デビュー戦を勝利で飾る。☆シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

日曜阪神5R メイクデビュー阪神 2歳新馬(芝1400m)優勝(4番人気) 松山J

モッサリとゲートを出ますが、促していくとスッと行き脚が付いて好位5番手を追走、3コーナーを過ぎたあたりから外から先頭に並び掛け、最後の直線で抜け出すと、そのまま後続馬を抑え、デビュー戦を勝利で飾っています。

松山騎手「調教ではコーナーで膨れてしまうところがあったので心配していましたが、リングバミに替えたことでスムーズに立ち回ることが出来ましたし、追い出しにかかると反応良く伸びてくれました。スタートはまだ分かっていない感じでモッサリと出てしまいましたが、経験を積んでいけばしっかり出てくれるようになるでしょう。調教の感じから実戦でも良い競馬をしてくれると思っていましたが、考えていた通り力を出してくれました。距離はこれぐらいが丁度良いと思いますし、パワーがあるので芝・ダートどちらでも対応してくれそうです」

寺島調教師「先日はありがとうございました。初戦からやれるだけの手応えは感じていましたが、こちらが思っていた以上の強さでデビュー戦を勝利してくれました。追い切りの際、外に張るところがあったことから、リングバミに替えましたが、その効果もあってスムーズにコーナーを回ってくれました。ゲートの出は初戦とあってまだ分かっていないような感じでしたが、経験とともに改善されていくでしょう。まだ緩さがあってこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、これからの成長がかなり楽しみですね。この後はトレセンに戻って馬の状態を確認したうえで決めようと思っていますが、入厩からここまで進めてきたこともありますので、これまでの疲れを取る為に放牧に出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

リングハミ。下見所では馬っ気。馬群の中ほど。3角で外へ出し、4角では余裕十分に先頭の外へ。追ってからの伸びはしっかりしていた。完勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【阪神新馬戦】4番人気シングルアップが好位抜け出しでデビューV(スポーツ報知より)

3日の阪神5R、2歳新馬(芝1400メートル=10頭立て、リネンリボンは出走取消)は4番人気のシングルアップ(牡、栗東・寺島良厩舎、父キンシャサノキセキ)が好位から抜け出し、1馬身3/4差の完勝でデビュー戦を飾った。単勝2・6倍の1番人気に推されていたアンラッシュは7着に敗れた。勝ち時計は1分21秒8。

前半600メートルが34秒7という淀みのない流れの中、外めの好位を追走。4コーナーで2番手に押し上げると、直線で仕掛けてからの反応も俊敏で、後続集団をアッサリと突き放し、全く危なげない内容だった。

騎乗した松山騎手は「調教や返し馬から前向きさがありましたし、やれるなという手応えがありました。反応もよかったし、よく伸びてくれました。強い競馬だったと思います。現状ではこれぐらいの距離がいいですね」とホッとした表情。

同馬は伯母に函館2歳S2着、ファンタジーS2着など早い時期から活躍したラッシュライフを持ち、従兄弟のアデイインザライフは16年の新潟記念を勝っている。「気がいいので、初戦向きかなと思っていた馬。センスがあるなというレースでしたね」と寺島調教師は笑顔を浮かべていた。今後は函館2歳S・G3(7月22日、函館・芝1200メートル)や小倉2歳S・G3(9月2日、小倉・芝1200メートル)など短距離の番組を視野に入れている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:6日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・次走予定:小倉8月11日・フェニックス賞

寺島師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、疲れた様子は見られませんし、飼い葉も残さず食べてくれました。このまま続戦させても良いぐらい元気いっぱいですが、入厩してからここまで進めてきたこともありますので、これまでの疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出させていただきます。放牧先でも状態が変わりないようであれば夏競馬を目標に調整してもらおうと思います。返し馬を見ていても走りだすと気持ちを前面に出すことから、距離を延ばしていくというよりは、この馬の持ち味を損なわないように短距離を主体に出走させていく方が良いでしょう。夏場のプランとしては、8月11日の小倉・フェニックス賞で復帰させ、9月2日の小倉2歳Sに挑戦したいと考えています。6日にNFしがらきへ放牧に出させていただきました」(6/6近況)

⇒⇒6日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(6日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩してからも順調に乗り進めることが出来ていたシングルアップ。良い仕上がりで臨めるなあと期待する一方で心身共に幼さを残す状態。実際、パドックの歩きを見て、スイスイ歩いている感じではなく、馬っ気を出したりもしていた様子。レース前の感想とすれば、ここまで順調に来ていて、デビュー戦で嫌な負け方をすると先々辛いなあと。次走以降に繋がるモノは見せて欲しいと願っていました。

ゲートはほぼ五分に出たシングルアップですが、二の脚が一息。やや置かれそうになったところを松山Jが上手にリカバー。促したことで一瞬行きたがる面もありましたが、先行集団の後ろで脚を溜めながら追走できました。そして3角過ぎから外目に出して前へ並び掛けることに。手応えが良く、走りにも余裕があったので、この時点で『押し切ってくれそうと』と安心しました。

直線で追われてから、スパッとは切れませんでしたが、最後まで力強い伸びを見せてくれたシングルアップ。大物感こそなかったも、ソツのないレース運びで着差以上の完勝。我が2歳勢の初陣を見事に飾ってくれました。最終追い切りを受け、リングハミでレースへ臨んだのはファインプレーだったと思います。

レース後のシングルアップですが、疲れ・反動は見受けられず。食欲もあり、元気一杯みたいですが、適鞍がしばらくなく、入厩してからずっと厩舎で進められてきたので、まずは心身のリフレッシュを図ってもらえばと思います。また、次走は8月11日の小倉・フェニックス賞を予定。レースまで時間があるので心身の成長を促しながら乗り込んでもらえればと思います。1度実戦を経験して気性面で悪い面が出てこないように注意して欲しいです。

レース内容は完成度が高かったシングルアップですが、まだまだ伸びシロは多い筈。力強い伸びを見せたのでダートでも悪くないでしょう。1200m~1400mを中心に息の長い活躍を期待しています。

« 【シルク】2018年度募集予定馬・発表 | トップページ | 位置取りは後ろになってしまったも、ラチを頼りに走らせることで右回りにメド。今後も堅実な走りを続けていって欲しい。☆グランドサッシュ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シングルアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】2018年度募集予定馬・発表 | トップページ | 位置取りは後ろになってしまったも、ラチを頼りに走らせることで右回りにメド。今後も堅実な走りを続けていって欲しい。☆グランドサッシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ