2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 手頃な頭数+馬場の悪化は有利な材料。以前よりも操縦性が良くなってきたことで今回は好位からの競馬を試す予定。この挑戦が良い方に出てくれることを願って…。☆ロードクエスト | トップページ | JRAの競走馬登録完了。21日にゲート試験に挑戦し、無事1発で合格しています。☆マカリカ »

2018年6月24日 (日)

実績は1枚劣るも、前走より条件は好転。追い切りの動きも前走以上で状態の良さを生かし、この相手にどこまで通用するか。☆ゼーヴィント

Photo ゼーヴィント(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

日曜阪神11R 宝塚記念(G1・芝2200m)8枠15番 池添J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで20日に時計

木村哲師「20日に南Wコースで時計を出しました。3頭縦列の最後方から直線は最内に併せて同入しました。6ハロンから徐々にペースを上げていきましたが、最後までしっかり動いていました。前走からそれほど間隔が空いていませんが、思ったよりも回復は早く中間は予定通り調整を行うことができました。前走時よりはピリッとしてきましたし、状態は上がっていると思います。阪神の内回りコースは条件的に悪くないと思いますし、雨で時計のかかる馬場になれば更に有利になると思います。さすがにG1レースともなると簡単ではないでしょうけど、挑戦者のつもりで臨みたいと思います」(6/20近況)

助 手 17南坂稍 54.8- 39.8- 26.2- 12.8 馬なり余力
助 手 20南W稍 54.0- 39.3- 12.5 G前仕掛け ラムセスバローズ(古1000万)一杯の内0.5秒追走0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神8日目(06月24日)
11R 宝塚記念(G1)
サラ 芝2200メートル 3歳上OP 指定 国際 定量 芝・2200m 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ステファノス 牡7 58 岩田康誠
1 2 ノーブルマーズ 牡5 58 高倉稜
2 3 サトノダイヤモンド 牡5 58 C.ルメール
2 4 ミッキーロケット 牡5 58 和田竜二
3 5 ストロングタイタン 牡5 58 川田将雅
3 6 アルバート 牡7 58 藤岡康太
4 7 パフォーマプロミス 牡6 58 戸崎圭太
4 8 ダンビュライト 牡4 58 武豊
5 9 サトノクラウン 牡6 58 石橋脩
5 10 ヴィブロス 牝5 56 福永祐一
6 11 サイモンラムセス 牡8 58 小牧太
6 12 タツゴウゲキ 牡6 58 秋山真一郎
7 13 ワーザー せ7 58 H.ボウマン
7 14 スマートレイアー 牝8 56 松山弘平
8 15 ゼーヴィント 牡5 58 池添謙一
8 16 キセキ 牡4 58 M.デムーロ

○楠助手 「目黒記念は左にモタれていましたし、直線はスムーズさを欠きました。それでも差はなかったですからね。骨折明け3走目で全体のベースは明らかに上がっています。右回り、距離2200メートルもいいので変わり身を見せて欲しいです」(土曜版・競馬ブックより)

○楠助手 「注文のつくタイプではないので、枠は気にしていなかったです。骨折明け3走目で確実に上がっていますし、右回り、距離が2200mになるのもいいと思います。パワーがあるので馬場が渋っても大丈夫。この馬の力を出せればチャンスはあるでしょう」(日曜版・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【宝塚記念】ゼーヴィント、昨年の動き再び 2馬身先着(スポニチより)

ゼーヴィントはWコースで3馬身先行したラムセスバローズ(3歳1000万)に2馬身先着した。木村師は「今年2回競馬を使って、昨年の今頃、七夕賞を勝たせてもらったあたりの動きにようやく戻ってきたかなと考えています。本来持っているものからすれば、こういうレース(G1)に参加しても恥ずかしくないと思っています」と語っていた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【宝塚記念】(15)ゼーヴィント 初遠征クリア(スポニチより)

ゼーヴィントは午後1時25分に競馬場に到着。引き運動で体をほぐした。阿部助手は「輸送は特に問題なく順調に来られた」と初の阪神遠征を無事クリアして笑顔。到着時には強い雨が降っていたが「道悪はこなしてくれると思うし、高速馬場よりはいい。最近の中では一番いい状態だし、2200メートルもベスト」と一発を狙っている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離が長いと思っていた前走の目黒記念。好枠を生かして道中ロスなく立ち回ってくれましたが、最後の直線はスペースを見つけることが出来ずに6着。勿体ない競馬だったのは確かですが、改めてゼーヴィントの才能を感じ取れる1戦でもありました。

この厩舎なので前走後はすぐNF天栄へ放牧に出るのかなと見ていましたが、まさかの在厩調整。以前に骨折した左前脚の状態を確認し、宝塚記念への出走を決めました。

その後のここへ向けての調整はひとまず順調。骨折の影響で左右のバランスが悪かったようですが、今年3走目で徐々にそれは回復傾向。それによってゼーヴィントの前向きさも戻ってきたように感じます。20日の最終追いは上がり重点でしたが、仕掛けられると反応良く加速。前走時よりも明らかに良くなっています。

あとは初めての関西への輸送を無事こなしてくれれば。新聞紙等の記事では問題はなかったようですが、G1という独特な舞台に舞い上がらず、適度な気合乗りでパドックに出てきてもらえればと思います。道悪に関してはプラスではないでしょうが、大幅なマイナスという感じもありません。58キロは楽ではありませんが、57.5キロは前走で経験済です。

ここに入ると格は見劣りますが、右回りのこれぐらいの距離はベストですし、デキの良さを生かしてどこまで通用するか。今後への良い経験となればと思いますが、ちょっぴり淡い期待を抱いてレースを見守りたいです。

« 手頃な頭数+馬場の悪化は有利な材料。以前よりも操縦性が良くなってきたことで今回は好位からの競馬を試す予定。この挑戦が良い方に出てくれることを願って…。☆ロードクエスト | トップページ | JRAの競走馬登録完了。21日にゲート試験に挑戦し、無事1発で合格しています。☆マカリカ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ゼーヴィント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手頃な頭数+馬場の悪化は有利な材料。以前よりも操縦性が良くなってきたことで今回は好位からの競馬を試す予定。この挑戦が良い方に出てくれることを願って…。☆ロードクエスト | トップページ | JRAの競走馬登録完了。21日にゲート試験に挑戦し、無事1発で合格しています。☆マカリカ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ