最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 勝負どころでのペースアップに対応できず、4角手前で早くも後退し出して…。直線で巻き返す脚はなく9着に敗れてしまう。★ブライトクォーツ | トップページ | 古馬との初対戦でどこまでやれるか未知数だったも、鞍上の好リードに導かれ、早目先頭から後続の追撃を凌ぎ切る。3勝目を挙げる。☆アンブロジオ »

2018年6月21日 (木)

折り合いに難があるのでこういう競馬がベター。今回は6着に終わるも、展開が向けばまだまだやれる筈。★ナイトバナレット

Photo_3 ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

土曜東京10R 相模湖特別(芝1400m)6着(9番人気) 三浦J

スタートから行き脚付かず、最後方からの追走となります。そのままの位置取りで直線を向き、徐々に外に進路を取りながら追われると、メンバー中上がり最速の脚を使い6着まで追い上げています。

三浦騎手「ゲートは普通に反応しているのですが、二の脚がなく後方からになってしまいました。久々のせいかゲート内ではすごく大人しくボーッとした感じでしたし、前回から距離短縮したせいもあるのか前半は流れに乗れませんでした。ただ、口が硬いので、あそこで出していくとコントロールが利かなくなりそうでしたし、前走ではガチャガチャやって終いは止めてしまったような感じでしたので、そういうレースはしないように前半は無理をしないで終いに賭けようと思っていましたが、最後はいい脚を使ってくれましたね。今回の感じでしたら距離はマイル位でも大丈夫だと思います」

矢作調教師「ゲートの中で煩かったわけではなく、逆にあまり気が入っていなかったので、扉が開いても反応せずに自ら出て行かなかったですね。今回はあそこから無理しなかったので折り合いは付いていましたが、もし焦って促して行っていれば折り合いを欠いていたでしょう。まだそういった難しさはありますが、最後方からあそこまで差を詰めていることからも分かるように、このクラスで結果を残す力は十分持っていると思いますし、もっと上のクラスで頑張ってもらいたい馬だと考えています。レースから上がってきた直後は鼻出血を発症することなく特に問題は見られませんでしたが、トレセンに戻ってからもよく状態を確認させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がりは良さそうだったが、出遅れて最後方からになっては厳しかった。上がり3ハロンで最速の脚を使ってもここまでが精一杯だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:中京6月30日・知多特別

担当助手「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、長距離輸送の疲れもありませんでしたし、鼻出血の影響も見られませんでした。20日から乗り運動を開始していますが、いつもと変わらず元気いっぱいでした。このまま変わりなければ6月30日の中京・知多特別に向かう予定です」(6/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回は降級戦とはいえ、前走時に鼻出血を発症するアクシデントがあったので、まずは無事に走り終えてくれればと思っていたナイトバナレット。スタートでの出遅れは痛かったですが、暴走することなく折り合って直線は大外へ。数字ほど目立つ脚ではなかったですが、失速することなく最後までじわじわ伸びての6着。展開を考えると頑張っています。

レース運びに関してですが、出していくと折り合いを欠き、暴走する恐れがあるので、今回のようにゲートをソロっと出して序盤は折り合いに専念。そして最後の末脚に賭けるのがベターでしょう。今回のようなレースが出来るならマイルでも大丈夫だと思います。追い切りは抜群に動くので、ダートでも良いところがあるかもしれません。

レース後のナイトバナレットは特に気になる点はなし。このまま変わりなければ早速来週の土曜中京・知多特別へ向かうことになりました。再度、芝1400mになりますが、中京の方が差し・追い込みは利くと思います。鼻出血を経験しているので無理は禁物ですが、ひと叩きして着実に前進してくれることを期待しています。

« 勝負どころでのペースアップに対応できず、4角手前で早くも後退し出して…。直線で巻き返す脚はなく9着に敗れてしまう。★ブライトクォーツ | トップページ | 古馬との初対戦でどこまでやれるか未知数だったも、鞍上の好リードに導かれ、早目先頭から後続の追撃を凌ぎ切る。3勝目を挙げる。☆アンブロジオ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ナイトバナレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝負どころでのペースアップに対応できず、4角手前で早くも後退し出して…。直線で巻き返す脚はなく9着に敗れてしまう。★ブライトクォーツ | トップページ | 古馬との初対戦でどこまでやれるか未知数だったも、鞍上の好リードに導かれ、早目先頭から後続の追撃を凌ぎ切る。3勝目を挙げる。☆アンブロジオ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ