最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | 2日に栗東・矢作厩舎へ戻っています。☆ナイトバナレット »

2018年6月 4日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教を週3回行い、その内1回はハロン16秒ペース、2回はハロン14秒ペースまで伸ばしています。先月から更にペースを上げてハロン14秒を行っていますが、まずまずの手応えで登坂しています。まだ体の線が細いですが、調教を進めていくにつれ、背中やトモに力強さが出てきました。それに伴い動きも力強くなり、可動域も大きくなってきました。精神的にも落ち着いており、飼い葉もよく食べてくれています。脚元に不安はないですし、毛艶も良好で健康状態は良さそうです。鹿戸調教師と相談して6月前半には入厩させる予定になっています。馬体重は416キロです」(6/2近況)

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~17秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は周回コースでの乗り込みを強化しました。その効果が出てきたのか基礎体力が強化されて、体質も一段と強くなりました。先月と同様で週の後半にはハロン13~14秒ペースで進めていますが、馬体減りは無く順調に調教出来ています。食欲旺盛で体調は良好なものの、腹回りにやや余裕が有るのでもう少しスッキリさせたいですね。精神面は落ち着きがあり、古馬のような雰囲気があります。調教時も乗り手に素直に反応してくれるので手が掛かりません。今後は6月中の移動を目標に調教を進めていきます。馬体重は537キロです」(6/2近況)

Photo スイートウィスパー(牝・萩原)父ルーラーシップ 母ケアレスウィスパー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は週1回ハロン14秒での坂路調教を行っています。ハロン15秒のペースで進めていましたが、楽にこなすようになってきたのでペースを上げました。まだハロン14秒ですと反応は今ひとつですが、動き自体は力強くパワフルな走りを見せてくれていますよ。先月は背腰にやや疲れが見られましたが、リフレッシュ期間を設けたこと、そしてショックウェーブで療養したことで解消されてきました。今後も疲労を蓄積させることなく、馬の状態を確認しながら進めていきます。馬体重は461キロです」(6/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

線の細さが解消されてこないのが悩ましいエレンボーゲンですが、調整は入厩を意識した最終段階へ。動きの質は良い馬なので軽い芝で切れ味を発揮してくれる馬になってくれるでしょう。

ジーナアイリスは食欲旺盛で環境に動じないのが長所。以前は体質の弱さを残していましたが、じっくり進められてきたことが功を奏し、丈夫になってきたのが分かります。また、幼さを感じた馬体も逞しさを増し、牝馬離れした迫力。レースではその巨体を武器に前々の競馬から押し切るお馬さんに成長していって欲しいです。

スイートウィスパーは1本筋の通った血統馬ですが、他2頭と比べると、まだ体質に弱さが残る様子。ピリッとした気性で現状やや力んで走っているので、疲れを生じやすいのかなと見ています。調教のメリハリをつけ、リフレッシュ期間を無駄に多くならないようにお願いします。

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | 2日に栗東・矢作厩舎へ戻っています。☆ナイトバナレット »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)エレンボーゲン」カテゴリの記事

(引退)スイートウィスパー」カテゴリの記事

ジーナアイリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | 2日に栗東・矢作厩舎へ戻っています。☆ナイトバナレット »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ