2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 前走タフな競馬を経験したことが今回のレースでどう生きてくるか。昇級2戦目で勿論前進を期待しています。☆ブロードアリュール | トップページ | 3日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆アーモンドアイ »

2018年5月 6日 (日)

長距離輸送による大幅な馬体減+最後の直線でスムーズさを欠く場面がありながら、コンマ2秒差の6着に肉薄。芝2400mで新たな可能性を示してくれました。☆ヴィッセン

201804_3

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜東京9R 陣馬特別(芝2400m)6着(10番人気) 石川J

ゲートを普通に出ると5,6番手に付けてレースを進めます。4コーナーから仕掛けつつ前を追い、直線では窮屈になる場面もありながら最後までしっかりと脚を伸ばし、久々の芝のレースを勝ち馬からコンマ2秒差まで詰め、6着でゴールしています。

石川騎手「瞬時に反応できないので、直線で開いたところにスッと入っていけずにゴチャついてしまい、ややスムーズさを欠きました。それでも前が開いてからはまた脚を使ってくれました。フットワークが柔らかく芝でも走れると思いますし、距離もこれぐらいの方が向いていると思います」

斉藤崇調教師「スッと反応できないので、直線で前を塞がれてしまいスムーズに追えたわけではありませんでしたが、最後までジワジワと伸びてきました。石川騎手は『芝でも大丈夫です。最後も止まった感じはありませんでした』と話していました。芝のこの距離で新たな一面を見せてくれたと思います。この距離でしたら、出していけばもっと前に付けられそうですし、できれば2,3番手位に付けて早めに抜け出して粘り込みを図る形が合っていると思います。栗東を発つ前の体重が490キロだったのですが、輸送で大幅に減ってしまいました。でも減ったからといって走れないというわけではないようで力を出し切ってくれたと思います。ただ、再び栗東トレセンまでの輸送がありますから、到着後の状態を確認してから、今後の方針を判断させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:京都5月13日・白川特別

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認致しましたが、思いのほか疲れは見られません。馬体重は減ってしまいましたが、それが競馬に影響した感じではありませんでしたし、スムーズな競馬が出来ていれば掲示板はあったと思います。数日状態を確認させていただき、次走に向けて進めていけると判断した場合は、5月13日の京都・白川特別に登録したいと考えています」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース前から懸念していたように東京への長距離輸送で馬体を減らしてしまったヴィッセン。栗東を経つ前に490キロあったということですから、現地でカイバを食べてくれないので、これほどの減少幅になるのでしょう。まあ、これに関しては、今後も解消できないでしょうから、再度関東圏へ使う時はこういうことを見越し、馬体を造ってもらえればと思います。

今回はデビュー2戦目以来の芝のレース。これまで以上に前に進んでいかないことを想定していましたが、ゲートを普通に出てスッと前へ。特に仕掛けることなくレースの流れに乗れていました。この行きっぷりの良さは良い意味で裏切られたと感じる程。出資者の誰もが目を疑ったんではないでしょうか。

4角を回って最後の直線、余力はまだ残していましたが、前が窮屈になるロス。器用な脚は使えず、スッと反応できる馬ではないので余計に痛かったです。そして最後、バラけてからはジワジワと脚を使っての6着。掲示板を確保することは出来ませんでしたが、コンマ2秒差という僅差の勝負に食い込めたのは素直に嬉しかったです。もっと楽に先行できるようになれば、このクラスを勝つチャンスが出てくると思います。

レース後のヴィッセンですが、馬体が細くなっている以外は問題なし。最終決定は追い切りの動きを見てからでしょうが、中1週のローテで13日の京都・白川特別に登録しています。スムーズな競馬に徹して、今回以上の着順を目指してもらいたいです。

また、ちょっと先の話ですが、輸送のない滞在競馬+時計の掛かる馬場向きを踏まえると、夏の北海道シリーズ参戦を検討してもらえればと思います。

« 前走タフな競馬を経験したことが今回のレースでどう生きてくるか。昇級2戦目で勿論前進を期待しています。☆ブロードアリュール | トップページ | 3日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆アーモンドアイ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走タフな競馬を経験したことが今回のレースでどう生きてくるか。昇級2戦目で勿論前進を期待しています。☆ブロードアリュール | トップページ | 3日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆アーモンドアイ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ