2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 骨折休養により約7ヶ月半ぶりの実戦。動きは正直物足りなく、1度使ってからの期待かも。広いコースでのスタミナ比べは向く筈。☆ロイヤルアフェア | トップページ | 最後までしっかり脚を使い切った前走の内容は優秀。その前走より明らかにメンバー強化となるココでも同じような走りが出来るかどうかに注目。☆ロードイヒラニ »

2018年5月20日 (日)

骨軟骨腫で出遅れてしまうも、何とか本日デビューへ。ただ、目立つ動きではないので、まずは1度実戦を経験することを重視。次走以降に繋がる走りを見せて欲しい。★ケイティーズソレル

Photo_3 ケイティーズソレル(牝・角田)父ハーツクライ 母ケイティーズベスト

日曜京都4R 3歳未勝利(芝1400m)1枠2番 浜中J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日に坂路コースで追い切り

角田師「16日に坂路で追い切りました。先週は雨の影響で馬場が悪かった為に最後は脚が上がってしまいましたが、今回は最後までバテずに頑張ってくれました。先週で態勢はほぼ整っていましたが、1週待ったことでよりいい状態でレースに臨めそうです。既走馬と戦うハンデはありますが、気のいいタイプなので、実戦にいけば相手なりに走ってくれるでしょう。スピードのある馬ですし、距離は丁度良いと思うので、あとは当日の天候次第ですね。多少馬場が悪くなったとしても対応してくれると思いますが、先週末のように大雨が降ると非力なところがあるので、それだけが心配なところです。少しでも良い馬場でデビュー出来ると良いですね」(5/17近況)

助 手 13栗坂良 60.5- 44.6- 29.0- 14.1 馬なり余力
助 手 16栗坂良 54.6- 39.7- 25.8- 12.7 末強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都10日目(05月20日)
4R 3歳未勝利
サラ 芝1400メートル 指定 混合 馬齢 発走11:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アイアンオオナミ 牝3 54 国分優作
1 2 ケイティーズソレル 牝3 54 浜中俊
2 3 クリノルーベンス 牡3 56 古川吉洋
2 4 ジャスパーモア 牝3 54 水口優也
3 5 リュニヴェール 牝3 54 鮫島克駿
3 6 ダノンパンサー 牝3 54 岩崎翼
4 7 ジョユウ 牝3 54 酒井学
4 8 ステイタス 牡3 56 小牧太
5 9 ショウナンラヴィ 牝3 54 国分恭介
5 10 シュバルツブリッツ せ3 56 田中健
6 11 ラルムドランジュ 牝3 54 藤岡佑介
6 12 パーフェクトクイン 牝3 54 小林徹弥
7 13 ヘヴンリーブライド 牝3 54 岡田祥嗣
7 14 ゲンパチマハロ 牡3 56 鮫島良太
7 15 ローンチ 牡3 56 高倉稜
8 16 アプルーヴァル 牡3 56 幸英明
8 17 フォルシュナイト 牝3 53 荻野極
8 18 タイセイトレンディ 牡3 56 松山弘平

○柴原助手 「ゲートセンスがあり、牝馬で気性も前向き。攻めも及第点。初戦から動けそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルク・ロードで出資している現3歳の中で、唯一デビュー出来ていなかったケイティーズソレルがようやくデビューの舞台へ。

じっくり育成状況を見ながら、順調に来ていると見て出資を決めたのが昨年の4月。ブライトワンピース・カラレイア・ボアヴィスタあたりと比較してきたのですが、軽い走りで芝に行って良いのかなというイメージでした。

その後の育成も変わらず順調に行き、8月中の移動を目指すことに。声が掛かれば移動が叶う状況まで来ていたのですが、右前脚の膝裏に骨軟骨腫(オステオコンドローマ)を発症していることが判明。社台クリニックで手術を行い、出直す羽目になってしまいました。

この出来事は痛恨で正直頭を抱えましたが、年内には本州へ移動できるメドは立つのかなと想像していました。実際、ウォーキングマシン→トレッドミルと徐々に負荷を掛け、11月半ばには騎乗運動を開始。昨年末にはハロン15秒の調教を開始できる前段階まで来ていたので、これなら新馬戦がある時期までにはデビュー出来るんだろうと見ていました。

しかしながら、ハロン15秒の速い調教を開始して更に負荷を高めていくも、ケイティーズソレル自身の良化度がスロー。予定より待たされることになったと思います。ようやく移動の知らせが届いたのは2月末。NFしがらきでワンクッション置き、3月8日に待望の初入厩となりました。

競走馬としての第一関門・ゲートに関しては、スムーズに事が運んで入厩1週間で合格。このままデビューへ向けて仕上げていくのかなと見ていたら、少し強めのところを乗った際に物足りなさが目立ったため、NFしがらきでリフレッシュさせることを優先。疲れが出る前に気持ちを楽にさせたので、状態の落ち込みは避けることが出来たと思います。そしてデビューを目指して4月末に再入厩。先週のデビュー予定を1週遅らせましたが、気の良い牝馬らしく馬体はきっちり出来ていると思います。ただ、動きは可もなく不可もなく。実戦タイプなのかもしれませんが、目立っているとは言えません。また、NFしがらきでの調整時に脚捌きの硬さを指摘され、ダートの方が合っているかもしれません。

デビュー戦からフルゲート18頭の競馬は精神的な負担は大きいでしょうが、ケイティーズソレルにはレースにしっかり参加してもらい、その中でキラリと光る要素が見い出されればと。次走以降に繋がる走りをまずは見せて欲しいです。

« 骨折休養により約7ヶ月半ぶりの実戦。動きは正直物足りなく、1度使ってからの期待かも。広いコースでのスタミナ比べは向く筈。☆ロイヤルアフェア | トップページ | 最後までしっかり脚を使い切った前走の内容は優秀。その前走より明らかにメンバー強化となるココでも同じような走りが出来るかどうかに注目。☆ロードイヒラニ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ケイティーズソレル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 骨折休養により約7ヶ月半ぶりの実戦。動きは正直物足りなく、1度使ってからの期待かも。広いコースでのスタミナ比べは向く筈。☆ロイヤルアフェア | トップページ | 最後までしっかり脚を使い切った前走の内容は優秀。その前走より明らかにメンバー強化となるココでも同じような走りが出来るかどうかに注目。☆ロードイヒラニ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ