2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 【近況】【画像&動画更新】エレンボーゲン »

2018年5月 5日 (土)

砂を顔に被らずに追走できたのが好走の要因。最内から抜け出した時点で勝利を意識するも、最後の最後で力尽きての3着に。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京8R 4歳上500万下(ダ1400m)3着(2番人気) H.ボウマンJ

シャドーロール着用。好スタートを切ると一旦は先頭に立ちますが、向正面で捲ってきた馬を行かせて、その直後で流れに乗ります。直線は最内から脚を伸ばし、残り300m付近で先頭に立つと、そのまま粘り込みを図りますが、ゴール寸前で2頭に交わされ、惜しくもコンマ1秒差の3着でゴールしています。

H.ボウマン騎手「道中はかなりプレッシャーを受ける展開になりましたが、馬は我慢して冷静さを保っていました。直線は狭いところを割って抜けてくる根性を見せてくれましたし、力のあるところを見せてくれたと思います。休み明けを一度叩いたとはいえ、正直まだ7分程のデキだったと思いますから、叩き3戦目の次は更に良なってくると思います。機会があれば次も是非騎乗したいですね」

国枝栄調教師「いい形で競馬が出来たと思いますが、もう一押しでしたね。最後は本命馬が外から飛んできたから2着でしょうがないと思っていたところ、まさかもう1頭同じ勝負服の馬に交わされるとは思いませんでした。でも左トモに不安を抱えながらもよく頑張っていると思います。ボウマン騎手の言うようにまだ上積みはあると思いますが、今後の方針はレース後の馬体・脚元の状態をよくチェックしてから判断したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。好位の内でロスなく立ち回り、直線も最内から脚を伸ばすこれ以上ない競馬だったが、最後の最後で甘くなる。1400mは少しだけ長いのかもしれない。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

国枝師「レース後も左トモの状態はいつもの感じで、大きく悪化しているわけではありません。もう少し経過を確認してから、続戦か放牧か判断したいと思いますが、いずれにしても東京開催中には出走させたいと思っています」(5/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走、馬群での追走で戦意喪失する形での敗戦だったウォリアーズクロス。負け方が悪すぎましたし、また、ピリッとした脚を使える馬ではないので、直線の長い東京での今回も苦戦するものと思い込んでいました。

レースではポンとスタートを決めてハナへ立つ勢い。掛かるような素振りはなく、自然と先頭に立ったような形だったので余裕綽々。そこから捲ってくる馬がいて好位の内に控える形になりましたが、キックバックを顔に掛からずに済んだことで、ウォリアーズクロスは我慢して冷静さを保ってくれたんだと思います。

そして最後の直線。最内の1頭分のスペースに飛び込み、ボウマンJの叱咤激励に応えて抜け出すウォリアーズクロス。残り150mぐらいでは何とか後続の追撃を抑え切ったと思ったのですが、最後の最後で力尽きることに。見せ場十分でほぼ完璧なレースだったのですが、3着に終わってしまいました。

レース後のウォリアーズクロスですが、ウィークポイントの左トモは我慢が利いた状態。即放牧に出すような状況ではありません。ひとまずもう少し様子を観察するようですが、コメントの感触では続戦が有力かなと思います。

勝利が見えた中での敗戦で残念な思いはありますが、最後の直線でしっかり反応して頑張ってくれた姿を見て、安心もしました。500万下では力上位ですから、再度このクラスを勝ち切って、まだまだ上を目指していって欲しいです。

« ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 【近況】【画像&動画更新】エレンボーゲン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ウォリアーズクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 【近況】【画像&動画更新】エレンボーゲン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ