最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« レース前の発汗・テンションの高さにドキッとするも、レースではゲートを五分に出て正攻法の競馬。それでいて桜花賞と同じ上がり33秒2の末脚を繰り出せば同世代の牝馬では敵う馬なし。牝馬2冠達成。☆アーモンドアイ | トップページ | 【シルク】再募集のお知らせ・2回目 »

2018年5月26日 (土)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組/父ロードカナロア)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間より一定の割合でハロン17、18秒のキャンターを交えており、課題の後肢を含めて徐々に良化を遂げている印象を持っています。ただ、息遣い、動き共に重さが感じられるのも確か。慎重に具合を探りつつ、今週末からタイムを出しましょう」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週半ばに1周1800mのトラックへ通い始め、コンスタントにハロン20秒程度のキャンターを消化。相変わらずトモに緩さを残すとは言え、以前よりもダクを綺麗に踏めるように変わっています。順調に推移。近日中に18-18を取り入れる予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1ヶ月ほど騎乗運動を見合わせ為、馬体の緩みが目立っているダヴィンチ。なかなか本来の動きが戻ってこないと嘆いてきましたが、意識的にピッチを上げて、トモの運びは良化。まだまだ慎重を期す必要はありますが、一時の不調は脱してくれたかなと思います。

ザナドゥは徐々に調教内容を強化。馬体に緩さを残しますが、その分の伸びシロは見込めるでしょう。あとはこれからの気温上昇で精神・体力の両面で負担は出てくるでしょうから、疲れの兆候を見逃さないようにお願いします。

« レース前の発汗・テンションの高さにドキッとするも、レースではゲートを五分に出て正攻法の競馬。それでいて桜花賞と同じ上がり33秒2の末脚を繰り出せば同世代の牝馬では敵う馬なし。牝馬2冠達成。☆アーモンドアイ | トップページ | 【シルク】再募集のお知らせ・2回目 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードザナドゥ」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース前の発汗・テンションの高さにドキッとするも、レースではゲートを五分に出て正攻法の競馬。それでいて桜花賞と同じ上がり33秒2の末脚を繰り出せば同世代の牝馬では敵う馬なし。牝馬2冠達成。☆アーモンドアイ | トップページ | 【シルク】再募集のお知らせ・2回目 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ