2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【近況】【画像&動画更新】ロジャーズクライ | トップページ | 今週の出走馬(4/7・8) »

2018年4月 5日 (木)

良い雰囲気で最後の直線へ向かうも、追われてからの伸びがサッパリ。この馬には時計が速すぎたかも。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

3月31日(土)阪神6R・4歳上500万下・混合・芝2000mに福永Jで出走。12頭立て6番人気で6枠8番から平均ペースの道中を4、4、4、2番手と進み、直線では外を通って1秒0差の7着でした。馬場は良。タイム2分00秒5、上がり36秒4。馬体重は2キロ減少の460キロでした。

○福永騎手 「返し馬の雰囲気が良好。十分に通用しそうな感触を得られ、正攻法のレース運びを選びました。集中力に欠ける・・・と聞いていたものの、そのような面も無し。とても乗り易くて4コーナーまでは完璧に来られたでしょう。ただ、追ってからが案外。走るのを止めているのとは異なり、スピードの絶対値が足りぬ印象です。距離を延ばすか洋芝を狙うか、もしくはダートへ転じるのも一案では・・・」

○千田調教師 「直線を向いた時点では、勝つのでは・・・と思うぐらいの手応え。そこから前の馬を捕まえられず、後続には交わされてしまい・・・。身体を大きく見せる割に数字はマイナス。まだ中身が伴い切っていないのかも知れません。そんな意味では良化の余地を残していそう。ジョッキーの意見を参考に、次は条件も見直しましょう。レース後の様子を確認した上で新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。チークピーシズ着用。無理なく4番手。4角では勝ったディーブラッサムの外。この時点でもまだ手ごたえはあるように見えたが、いざ追われてからがサッパリ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「無事に栗東トレセンへ。特に変わらぬ様子で過ごしています。この感じならば大丈夫。厩舎で調整を続けましょう。昨夏に昇級初戦で3着に来たのが福島の芝2600m。中2週で同じ条件が組まれており、ここも候補の1つに挙げられそうですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リフレッシュが叶って、良い状態で出走できたと思うロードゼスト。ゲートを五分に出て、好位からの競馬。勝負どころから早目に外へ持ち出し、4角を回ってくる時の手応え+勢いは上々。これなら好勝負必至と思い、力が入ったのですが…。

ただ、最後の直線でいざ追われてから弾けるところがなく、ジリジリした伸び。残り200mまでは何とか食らい付いていましたが、坂を向かえた時点で遅れ出してしまいことに。確かに自分からレースを止めるところはなかったので、単純に速い脚の差なんでしょう。また、ゼストには走破時計が速すぎたのかもしれません。

レース後のゼストですが、特に気になる点はなし。このまま在厩して次走へ向かうこと。まだ未決定ながらも、次走は4月22日の福島・燧ヶ岳特別(芝2600m)が有力なようです。

昇級戦で3着に来た以降、500万下で掲示板に乗れないレースが続いているゼスト。条件+相手関係が噛み合えば、もう少しやれると思うので、結果が出なくてもへこたれず、どんどんチャレンジしていって欲しいです。

« 【近況】【画像&動画更新】ロジャーズクライ | トップページ | 今週の出走馬(4/7・8) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードゼスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【近況】【画像&動画更新】ロジャーズクライ | トップページ | 今週の出走馬(4/7・8) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ