最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(4/21・22) | トップページ | 【園田・3戦目】インペリオアスール »

2018年4月23日 (月)

序盤行きたがった面が響いて最後は粘りを欠く。レースの内容は悪くなかったので、今後の成長に期待したい。★シグナライズ

シグナライズ

Photo_6 シグナライズ(牝・藤原英)父Frankel 母ワイルドココ

4月8日(日)阪神9R・忘れな草賞(OP)・混合・牝馬限定・芝2000mにルメールJで出走。14頭立て3番人気で4枠6番からハイペースの道中を6、4、2、2番手と進み、直線では最内を通って0秒7差の6着でした。馬場は良。タイム2分01秒2、上がり37秒7。馬体重は増減無しの484キロでした。

○ルメール騎手 「レースぶり自体を含めて全体的には悪くなかったと思います。ただ、この距離は微妙に長い印象。1800mぐらいをマイペースで運ぶような形が合っているかも知れません」

○田代調教助手 「上手に走れていた感じ。もう少し向正面をジワッと行ければ更に良かったと思います。ルメール騎手も話しているように、このような競馬が出来たのは収穫。選択肢が広がったでしょう。集中力を増せば・・・と中間からシャドーロールを試用。その効果も得られたかも知れません。厩舎へ戻ってから今後のプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位グループの少し後ろから。序盤でハミを噛んでおり、無理に抑えず3角手前ではランドネを外からパスして2番手へ。直線の坂から粘りを欠いた。この馬もまた、折り合いに課題を残した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後に全体的な疲労感が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は4月12日(木)に千葉・ケイアイファームへ移動して夏以降の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○田代調教助手 「脚元等は大丈夫ながら、さすがに疲れている感じ。コンスタントに使って来たのに加え、在厩期間も長かったですからね。成長を促す意味も含めて、ここで一旦リセットする方針。復帰プランに関しては、移動後の様子に応じて・・・でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2018.04.17
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「予定通りに4月12日(木)にこちらへ。体温の上昇等も認められず、無事に到着を果たしました。外見は極端に細くなっていませんが、コンスタントに使って来た馬らしい疲れが窺える状態。心身のリセットを掛け、回復具合に応じて進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

母系から距離への融通を期待しましたが、折り合いに難が残る現状ではやはり距離が長かった様子。実際、序盤で行きたがる面が目立ち、早い段階で2番手まで押し上げる形に。その後は落ち着いて走ってくれたシグナライズですが、最後の直線でもうひと伸びする力は残っていませんでした。

まあ、それでもオールフォーラヴに外から交わされてからも、フワッとすることなく、最後までこの馬なりに脚を使っていたのは○。集中力アップの為、着用したシャドーロールの効果もあったと思います。また、今後を考えると、ルメールJのコメントどおり、1800mで逃げ・先行の競馬が合うのかなと思います。

レース後のシグナライズですが、厩舎で状態をしっかり確かめた後、12日に千葉ケイアイファームへ。クタッとした様子は窺えないも、厩舎でずっと過ごし、連戦してきた心身の疲れは相応にある様子。カリカリもしているでしょうから、しっかり時間を設けて、心身のリフレッシュを促してもらえればと思います。

3歳になって2歳時の勢いが失われたシグナライズ。これは単に相手が強くなっただけと思いますし、血統的に奥行きはある筈。この充電期間で気性面が大人になってきてくれれば、まだまだ上を目指していけると思います。

« 今週の出走馬(4/21・22) | トップページ | 【園田・3戦目】インペリオアスール »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)シグナライズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(4/21・22) | トップページ | 【園田・3戦目】インペリオアスール »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ