2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 10戦目にして初めて3着以内を外すも、完調手前で手強い牡馬相手に4着はむしろ褒めてあげたい。これからも地道に力をつけていってくれれば。★インヘリットデール | トップページ | ニュージーランドTの鞍上が石橋脩Jに決まりました。☆アンブロジオ »

2018年4月 1日 (日)

キリの中、桜花賞・1週前追い切りを無事終えています。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで28日に時計
・次走予定:4月8日の阪神・桜花賞(G1)(C.ルメールJ)

国枝栄師「28日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は他馬を1秒ほど追走し、最後は1馬身半ほど先着といった内容でした。霧が凄かったのでスタンドからは動きが確認できませんでしたが、騎乗した助手によると『折り合いに問題なかった』ということですし、しっかりと脚を伸ばして先着してくれたのですから、1週前としてはいい追い切りを消化することが出来たと思います。次は2歳女王を筆頭に相手が揃いますが、アーモンドアイも放牧を挟んだことでキ甲が抜け体高が伸びて、大人びた馬体になって成長しているように思います。来週はルメール騎手を背に最終追い切りを行う予定にしています」(3/29近況)

助 手 25南W良 72.6- 56.3- 40.7- 14.0 馬なり余力
助 手 28南W良 キリ キリ不明 ダノングレース(三500万)の外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【アーモンドアイ】1秒ほど追いかけて最先着/桜花賞(日刊スポーツより)

アーモンドアイ(国枝)は深いモヤの中、ウッドコースで皐月賞に出走するオウケンムーン(3歳オープン)、ダノングレース(3歳500万)を1秒ほど追いかけて最先着。

国枝師は「追うたびに良くなっているね。体はキ甲が抜けて体高が伸びた。馬体重は変わらないが成長している。来週、ルメール騎手で最終追い切りをする」と話した。ここまで3戦2勝。前走のシンザン記念では、後方一気の末脚で牡馬を蹴散らした。「古い言い方をすればカミソリの切れかな。ラッキーライラックとどこまでやれるか」と、対戦を楽しみにしていた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ桜花賞があと1週間と迫ってきましたが、アーモンドアイは淡々と調教をこなし、順調に仕上がってきているかなと思います。

桜花賞・1週前追い切りとなる29日の追い切りは濃いキリの中で行われ、時計&動きは肉眼で確認できなかったようですが、3頭併せで僚馬を大きく追走して煽る動き。いつも攻めは動く馬ですが、これまでのアーモンドアイと変わっていないというのが何より。追い切りを重ねるごとに馬体も膨らんできている感じです。

とにかく無事にレース当日まで辿り着くことが勝利への第一条件。相手関係に関しては、王道を歩んできた馬とは未対決で測り知れないところはありますが、これまで3戦、余力を残した中での成績です。初めて真剣に追われてどういう脚を繰り出してくれるか。

この時期の牝馬は体調管理など難しいところはありますが、力を出し切れれば好勝負以上を期待できると思っています。

« 10戦目にして初めて3着以内を外すも、完調手前で手強い牡馬相手に4着はむしろ褒めてあげたい。これからも地道に力をつけていってくれれば。★インヘリットデール | トップページ | ニュージーランドTの鞍上が石橋脩Jに決まりました。☆アンブロジオ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アーモンドアイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10戦目にして初めて3着以内を外すも、完調手前で手強い牡馬相手に4着はむしろ褒めてあげたい。これからも地道に力をつけていってくれれば。★インヘリットデール | トップページ | ニュージーランドTの鞍上が石橋脩Jに決まりました。☆アンブロジオ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ