最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 脚元にフレグモーネのような症状。先週末の京都・端午Sへの出走を見合わせました。★ロードエース | トップページ | 向正面で一気にポジションを上げていく大味な競馬。最後は息苦しくなってしまうも、直線半ばまで見せ場十分の走りを見せる。☆アンナベルガイト »

2018年4月30日 (月)

27日にゲート試験初挑戦。無事1発で合格しています。☆シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習

寺島師「栗東トレセンに入厩後もテンションが上がることもなく、2歳馬にしてはとてもどっしりとした性格の持ち主ですね。ただ調教では前に馬がいたり、後ろからくるとグッとハミを取ってスイッチが入るところがあるので、気の良さを上手くレースに活かせるように調整していきたいと思います。ゲート練習では枠入り・駐立ともに問題なく行えているので、出の反応が良くなればすぐゲート試験の目途が立てられそうです。受かればそのままデビューに向けて進めていけるだけの体力はありそうです」(4/26近況)

⇒⇒27日(金)にゲート試験を受けて合格しています。(27日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

20日に栗東・寺島厩舎へ入ってきたシングルアップ。普通キャンターとゲート練習の日々を費やしてきましたが、順調に進んでいることから27日にゲート試験に挑戦。時計は分かりませんが、無事1発で合格してくれました。

これで第一関門は無事クリア。デビューまで進めていけるだけの体力があるということなので、これからデビューへ向けての本格的な調教へ移行していくことになるでしょう。

パワフルで非凡な脚力を秘めているシングルアップ。ただ、気性面で幼さが残り、不安定なところがあるので、気持ちが悪い方へ向かないように十分気をつけて進めていく必要があると思います。無理に早期デビューにこだわる必要はないですから。

« 脚元にフレグモーネのような症状。先週末の京都・端午Sへの出走を見合わせました。★ロードエース | トップページ | 向正面で一気にポジションを上げていく大味な競馬。最後は息苦しくなってしまうも、直線半ばまで見せ場十分の走りを見せる。☆アンナベルガイト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シングルアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚元にフレグモーネのような症状。先週末の京都・端午Sへの出走を見合わせました。★ロードエース | トップページ | 向正面で一気にポジションを上げていく大味な競馬。最後は息苦しくなってしまうも、直線半ばまで見せ場十分の走りを見せる。☆アンナベルガイト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ