2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳馬) | トップページ | 上位馬とは馬場適性+決め手の差で遅れをとった感じ。それでも最後まで渋太く食い下がったことは胸を張りたい。☆アンブロジオ »

2018年3月21日 (水)

勝ち負けの争いからは大きく離されるも、集中力を切らさず最後まで粘り通して4着。OP2戦目で上々の内容。☆リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(セ・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

土曜中京5R 障害4歳上OP(障・3300m)4着(11番人気) 山本J

好スタートから無難に障害飛越をこなし、1週目のスタンド前を4,5番手で通過します。向こう正面で前3頭がペースを上げると必死に食らいついていきますが、最後の直線では前との差を広げられ、上位から離れた4着でゴールしています。

山本騎手「久々の分か息遣いがもう一つでしたが、それでこれだけ走れるのですから素質の高さを感じました。体もまだ立派ですし、そのせいかまだ体を使え切れていない部分があり、障害飛越ではバランスの悪い飛び方をする場面もありました。それに道中は結構力みがありましたから、その辺りも教えていく必要があると思います。まだ色々課題がありますが、それらが改善されてくれば、道中はもっと楽に競馬ができると思いますし、もっと上の着順を狙えると思います」

尾関調教師「中京への輸送も考慮して調整していて、馬体重もプラス6キロと許容範囲だったと思いますし、仕上がりは悪くなかったと思います。もう少しクラス慣れしていく必要があるかなと思っていましたが、オープン2戦目で掲示板に載ってくれたように進歩が見られましたし、よく頑張ってくれたと思います。右トモにレースで負った外傷が確認されましたが、ケアしていけば問題のないレベルで大きな心配はいらないでしょう。この後は続けて使っていくよりもリフレッシュを挟んだ方がいいタイプですし、いったん放牧に出させていただく予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

少し余裕のある体つき。スタンド前から位置を上げていき、道中はメイショウライナーのすぐ後ろへ。2週目の4号障害の着地で減速して置かれたが、ラストは大きくバテず4着へ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧予定
・調教内容:軽めの調整

尾関師「レース後は使ったなりの疲れはありますが、脚元含め大きなダメージは確認されませんでした。ただ、ここは続戦するよりも、予定通りリフレッシュ放牧を挟み、実績のある新潟開催を目指す方がいいでしょう」(3/21近況)

⇒⇒22日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(22日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年11月以来の実戦となったリミットブレイクですが、当日プラス6キロでの登場。パドックでの姿はそれ以上に余裕がありましたし、良くなってくる途中だなという印象。あと1週あれば、良い状態で臨めたのかなと思いました。

それ故、レースでは苦戦を覚悟しましたが、力んだところを見せながらも、流れに乗って前目で追走。揉まれない位置で勝ち馬をマークするような形で進めることは出来ました。ただ、2週目3~4角の間にある障害でバランスを崩して減速。モタモタしたのを必死に立て直しましたが、上位3頭に詰め寄ることは出来ず、最後の直線は逆に突き放されることに。それでも諦めずに駆けてくれたので4着という結果を得ることが出来ました。

障害OPで勝ち負けの争いをするにはまだまだレベルアップは必要ですが、OP入り2戦目で掲示板入りは上々。渋太さを生かせれば大きく崩れることはないのかなと思います。

レース後の右トモに外傷を確認したようですが、深刻なものではなさそう。ただ、詰めて使うのは良くない馬なので再度NF天栄で調整をすることに。傷を早く治し、牧場で乗り込みをキッチリ消化して厩舎へと戻ってきてくれればと思います。

« ロードなお馬さん(2歳馬) | トップページ | 上位馬とは馬場適性+決め手の差で遅れをとった感じ。それでも最後まで渋太く食い下がったことは胸を張りたい。☆アンブロジオ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リミットブレイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳馬) | トップページ | 上位馬とは馬場適性+決め手の差で遅れをとった感じ。それでも最後まで渋太く食い下がったことは胸を張りたい。☆アンブロジオ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ