2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳牡馬) | トップページ | 他馬のキックバックを被ると嫌がる素振り。3角過ぎから遅れ出してしまい、直線は反応出来ず。よもやの12着に敗れる。★ウォリアーズクロス »

2018年3月 8日 (木)

結果は7着も、勝ち馬とはコンマ2秒差。レースの流れに乗って最後まで脚を繰り出せたのは大きな収穫。ゲートでのロスを少なくしていければ…。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

3月3日(土)中山11R・オーシャンS(G3)・国際・芝1200mに三浦Jで出走。16頭立て11番人気で8枠16番からハイペースの道中を9、10、9番手と進み、直線では外を通って0秒2差の7着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分08秒5、上がり34秒0。馬体重は6キロ減少の460キロでした。

○小島調教師 「大外枠を引いた点を踏まえ、序盤からできる限り積極的に運んで欲しい・・・と指示。着順は今一つでも差は僅かだったように、内容は悪くなかった印象です。この先に1200mで結果を残す為には、課題のスタートを普通に出る必要があるはず。まだまだ変わる余地を残していると思います」

○三浦騎手 「一歩目こそ遅かったとは言え、可能な範囲で流れに乗ることができました。中間の調整の効果が得られているようで、今までの中では1番グッと来るところがあった印象。あとは自然に位置を取れるように変わって来れば、1200mの重賞でも上位争いが可能だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は3月9日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して夏の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○小島調教師 「レースを終えた後も脚元等に異常は認められませんが、立て続けに使って来たなりの疲労は溜まっているはずです。このタイミングで休養を挟もうと考えており、近日中に千葉のケイアイファームへ移す方針。リセットを掛けて夏競馬を目指しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走、ピリッとした脚を見せることなく、不甲斐ない負けを喫していたロードクエスト。再度8枠を引き当てたことで見せ場なく敗れてしまうことを覚悟していました。

今回7着という結果は素直に喜べないですが、レースぶりは進化の兆し。ゲートは早くなかったですが、中団やや後方で追走。今回も外を回されましたが、スムーズにレースの流れに乗れたことが大きな収穫に。直線を向いてから、往年の迫力はなかったですが、この馬なりに最後まで懸命に頑張ってくれました。そして勝ち馬にコンマ2秒差ならそれほど悲観することもないでしょう。また、時計の掛かる今の中山がクエストとって良いアシストとなりました。

こういう競馬を重ねていくことで、クエストには1200m仕様のレース運びを習得していってもらえればと思います。そしてもっとスッと中団に付けることが出来れば、自然と差のない結果を得ることができるでしょうし。陣営には根気よく接してもらい、スプリンターとしての進化を続けていって欲しいです。

レース後のクエストですが、既に今年3走したということで放牧の予定。見た目にクタッとした感じは窺えないも、疲れは蓄積している筈。また、精神的にピリピリしているでしょうから、時間をしっかり設けて心身のリフレッシュにまずは努めてもらえればと思います。

« シルクなお馬さん(2歳牡馬) | トップページ | 他馬のキックバックを被ると嫌がる素振り。3角過ぎから遅れ出してしまい、直線は反応出来ず。よもやの12着に敗れる。★ウォリアーズクロス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳牡馬) | トップページ | 他馬のキックバックを被ると嫌がる素振り。3角過ぎから遅れ出してしまい、直線は反応出来ず。よもやの12着に敗れる。★ウォリアーズクロス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ