最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【近況】【画像&動画更新】パラダイスリーフ | トップページ | ロードなお馬さん(5歳馬) »

2018年3月 2日 (金)

久々で力んでしまったというのもあるも、休養期間を経てパワーが付いたことで制御が難しくて…。さすがにこういう状態では最後まで脚を残せず。また、レース後、鼻出血が判明して再度休養に入ることに。★ナイトバナレット

Photo_3 ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

日曜小倉11R 関門橋S(芝1800m)9着(7番人気) 中谷J

まずまずのスタートを切ると後方の内に控えますが、折り合いに苦労しながらの追走となります。3,4コーナーで内を回って追い上げにかかりますが、直線は伸びがなく9着に敗れています。尚、競走中に鼻出血を発症し「鼻出血による出走制限」のため,平成30年3月25日まで出走できなくなりました。

中谷騎手「いつもならスタートはボコッと出て、そのままフワッと遊ばせて行けるのですが、今回は久々のせいか、かなり気が張っていて、ゲートを普通に出ましたし、前半はハミを噛んでしまって、それを宥めるだけで終わってしまいました。今日は競馬になりませんでした。申し訳ありません」

矢作調教師「かなり折り合いを欠いてしまいましたね。久しぶりの競馬だったことと、前向きさもかなり見られたので、その分抑えが利かない感じでした。久々で気負ったところがあったとはいえ、やはり距離はマイルまでかもしれません。ただ、レース後に鼻出血が見られた為に、すぐに診療所で詳しく診てもらったところ、症状としては中程度の肺からの出血との診断でした。さすがにこのまま在厩とはいきませんから、トレセンに戻って状態をもう一度確認したあとは、放牧に出して牧場でケアをしてもらう予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

担当助手「長い間休養していたにもかかわらず鼻出血を発症してしまい、誠に申し訳ございませんでした。馬自身は本当に力を付けて逞しくなっているなと感じていただけに、残念で仕方ありません。まだ伸びしろのある馬ですから、治療に専念して、更に力を付けて戻ってきてもらいたいと思います。近日中にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきます」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩目前の頓挫で前走から約9ヶ月半ぶりの実戦となったナイトバナレット。待たされることになりましたが、その間、心身の成長を促すことも出来、3歳春からかなりの成長を感じさせてくれていました。それ故、初めての古馬相手の競馬でも思いがけない激走を心の隅で期待はしていました。ただ、現実は厳しく、レース後にそれに追い打ちをかけるようなことが判明して…。

ゲート出の悪いナイトバナレットですが、今回はほぼ五分のスタート。序盤は落ち着いて追走できているように見えました。ただ、1角を回ったところからやや暴走気味に。中谷Jは懸命に手綱を引いて制御しようと試みてくれたのですが、ハミを噛んだままで前へ前へ。久々の実戦でかなり力んでしまいました。これでは最後まで脚を残すことは難しく、直線は伸びを欠いての9着。うーん、もう少しやれるとは思ったのですが、甘くなかったです。

また、稽古でかなり動くようになったようにパワーがついた分、距離適性は短い方へシフトした感じ。今回の感じだとマイルも長いように思います。1400mもしくは1200mが今なら合う感じでしょう。

そしてレース後に鼻出血が判明。中程度の肺からの出血というのは詳しく分かりませんが、ひとまず軽い症状ではないという感じでしょう。ようやく復帰が叶ったと思ったら、その1戦での新たなトラブル。追い切りでは好時計を連発していましたが、逆に負担を掛け続けていたのかなと思います。

レース後のナイトバナレットですが、鼻出血以外は特にトラブルなし。脚元には反動・疲れは出ていません。そのこと自体は良かったです。近日中にNFしがらきへ移動し、まずは鼻出血の治療・回復に専念することに。じっくり時間を設け、競走能力に悪い影響を及ぼしていかないように全力を注いでもらえればと思います。

3歳春までにそれなりに活躍し、古馬との初対決が準OP以上からとなった出資馬(ロードフェリーチェ・リゾネーター・ナイトバナレット等)はそこで壁にぶつかってしまいます。ここを乗り越えてくれれば、OPでもそこそこやれるんでしょうが…。

« 【近況】【画像&動画更新】パラダイスリーフ | トップページ | ロードなお馬さん(5歳馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ナイトバナレット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
ナイトバナレット残念でした。
調教は良くてなんとか復帰出来そうでやれやれと思っていましたが、ちょっと負荷をかけ過ぎましたかね?
再度の休養にほんとがっくりです。

私の場合はクラシックや2.3歳のG1にはよっぽど抜けて強い馬とか完成度の高い馬以外は出資馬は出て欲しくないです。
この馬もそうで、去年の春で終わってしまったことが残念で仕方ありません。
せめて重賞で惨敗の後連続でNHKは使わないで欲しかったです。

コツコツ行っても準オープン止まりの馬は多いですけど、それなりに徐々に力をつけて、力の見合った相手と走り、心配なく楽しませてくれる方がいいです。

馬には罪がないだけに、こういうパターンは残念です。
矢作厩舎嫌っていたのに出資してしまったので、自分のミスなんですけどね(・_・;

ぼんちゃんさん、おはようございます。
NHKマイルCからかなり待たされ、ようやく復帰出来たと思ったら、鼻出血とは…。何とも残念ですが、もう少し丁寧な扱いをして欲しいものです。

遅生まれで伸びシロはあると思うので、古馬相手でも徐々に力をつけていって欲しいところ。順調さを欠き、下手なトラブルで競走能力に悪影響を及ぼされるのは勘弁して欲しいですね。

まあ、頭数を抱えている厩舎なので回転させていかないとダメなのも分かるのですが…。

この休養でこれまでの悪い循環をしっかり断ち切ってくれることを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【近況】【画像&動画更新】パラダイスリーフ | トップページ | ロードなお馬さん(5歳馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ