2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 初めての中山に戸惑わないか一抹の不安はあるも、ここを目標にきっちり仕上がる。あとは1戦ごとにコンタクトを高めてきた横山Jの手腕に託すのみ。☆ロードヴァンドール | トップページ | 炎の十番勝負2018・春 »

2018年3月24日 (土)

15戦目にして初ダート。血統から変わってくる可能性はあるも、冴えない近走の内容+追い切りの動き等からは強気になれず。砂を被って戦意喪失しなければ良いのですが…。★タイムレスメロディ

Photo タイムレスメロディ(牝・高野)父ディープインパクト 母アコースティクス

土曜阪神12R 4歳上500万下・牝馬(ダ1200m)5枠5番 D.バルジューJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路で追い切り

高野師「21日に坂路で追い切りました。馬場がかなり悪くなっていたので、負担が掛からない程度に行いましたが、タイムレスメロディなりに最後までバテずにしっかり走ってくれました。絶好調とまではいかないものの、体調面は良好ですし、筋肉の硬さもなく、動きは上々です。今回は適性を確認する意味も込めてダート戦に矛先を替えさせていただきました。調教で砂を被らせてみましたが、怯むことはなかったですし、実戦で極端に揉まれなければ十分対応してくれると思います。中京の番組も視野に入れていましたが、想定を見て相手関係等を考慮した結果、3月24日の阪神・ダ1200mにバルジュー騎手で投票させていただきました。ハミをしっかり掛けて乗ってくれるジョッキーでもありますので、タイムレスメロディには手が合うと思います」(3/22近況)

助 手 18栗坂良 58.9- 42.4- 27.3- 13.2 馬なり余力 ショウナンバローネ(古500万)馬なりを0.3秒追走同入
助 手 21栗坂不 58.7- 42.1- 27.3- 13.2 末強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回阪神1日目(03月24日)
12R 4歳上500万下
サラ ダ1200メートル 指定 牝馬 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 パワフルヒロコ 牝4 55 酒井学
2 2 ラララルジェス 牝5 55 和田竜二
3 3 ラタンドレス 牝5 55 岩田康誠
4 4 オルノス 牝5 55 幸英明
5 5 タイムレスメロディ 牝5 55 D.バルジュー
5 6 イイデメモリー 牝4 55 松山弘平
6 7 フェリシアルチア 牝4 55 川田将雅
6 8 ウィッシュノート 牝4 52 三津谷隼人
7 9 キョウエイレガシー 牝4 55 小牧太
7 10 エイシンムー 牝4 54 荻野極
8 11 アオアラシ 牝4 55 国分優作
8 12 イナズママンボ 牝4 55 難波剛健

○高野師 「使い込んだら硬くなりやすいタイプ。ひと息入れた分、体調は良さそうですよ。折り合いが課題ですが、ダートで穏やかに走れれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5歳になっての初戦を迎えるタイムレスメロディ。500万下に上がってから勝ち馬から1秒を超えるような大敗は喫していないのですが、ワンパンチが足りない現状。また、ここ最近、キャリアを重ねたことでレースに対して前向さが失われつつある感じで。近2走の着順がそれを物語っているのかなと思います。

筋肉が硬くなりやすい馬なので、冬場の出走は避ける形で今回は4ヶ月ぶりの出走。帰厩すれば10日で競馬に使うことが多かった馬ですが、今回は約3週間じっくり厩舎で仕上げを進めてきました。それ故、乗り込み量は豊富です。ただ、肝心の動きは案外。じっくり立て直してきた効果は感じられません。

今回、直前まで番組を吟味し、相手関係等も踏まえてこのレースへ。15戦目にして初めてダートに使ってきました。非力なタイプですが、母系は砂歓迎の一族。手頃な頭数+低調なメンバーもプラスではあるので、変わってくるかもしれません。ただ、それを後押しするようなデキ・近況ではないのが悩ましいところ。砂を被って、戦意喪失することがないように願っています。

« 初めての中山に戸惑わないか一抹の不安はあるも、ここを目標にきっちり仕上がる。あとは1戦ごとにコンタクトを高めてきた横山Jの手腕に託すのみ。☆ロードヴァンドール | トップページ | 炎の十番勝負2018・春 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)タイムレスメロディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての中山に戸惑わないか一抹の不安はあるも、ここを目標にきっちり仕上がる。あとは1戦ごとにコンタクトを高めてきた横山Jの手腕に託すのみ。☆ロードヴァンドール | トップページ | 炎の十番勝負2018・春 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ