最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳馬) | トップページ | 左回りの1400mはベスト条件。重賞で相手は更に強化される中、現状の力がどこまで通用するか。また、中京への輸送を無事クリアできているかも勝負の分かれ目に。☆アンブロジオ »

2018年3月17日 (土)

障害OPの初戦となった前走は歯が立たず。幾らかメンバーは手薄になったも、まだまだ地力の差は明白。まずはタフな流れにしっかり食らい付くことが出来ないと…。★リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(セ・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

土曜中京5R 障害4歳上OP(障・3300m)4枠5番 山本J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで14日に時計

尾関師「14日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。追い切りに跨ってもらった山本騎手は『まだ動き的には重い印象がありますね。それに飛越そのものはスムーズにこなしてくれますが、少し体力を消費しやすい走り方をしているので、後半までスタミナをもたせることが出来るかどうかがポイントになりそうです』と話していました。確かにまだ少し重い印象はありますが、この馬なりに最後までしっかりと走れていましたし、中京競馬場までの輸送もありますので、それを加味すれば走れる態勢は整っていると思います。久々の競馬になりますし、オープン2戦目でまだクラス慣れも必要かもしれませんが、前進を期待したいと思います」(3/15近況)

助 手 11南坂稍 55.6- 40.5- 26.9- 13.6 馬なり余力
山本康 14南W良 82.1- 66.9- 52.5- 38.8- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中京3日目(03月17日)
5R 障害4歳上オープン
サラ 障3300メートル 混合 別定 発走12:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エリーフェアリー 牝7 58 浜野谷憲尚
2 2 ウエスタンレベッカ 牝8 58 植野貴也
3 3 プレシャスタイム 牡5 60 佐久間寛志
3 4 モズカタクラ 牡4 59 小坂忠士
4 5 リミットブレイク せ6 60 山本康志
4 6 ジュールドトネール 牡8 60 伊藤工真
5 7 レッドルーラー 牡8 60 西谷誠
5 8 スズカチャンプ 牡9 60 田村太雅
6 9 ミュートエアー 牡5 60 五十嵐雄祐
6 10 メイショウライナー 牡8 60 難波剛健
7 11 ヤマタケジャイアン せ5 60 蓑島靖典
7 12 スマートガルーダ 牡5 60 上野翔
8 13 サウンドギャツビー 牡6 60 北沢伸也
8 14 サトノセレリティ 牡7 60 石神深一

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の東京・秋陽ジャンプSで障害のOP戦を初経験したリミットブレイク。序盤は良い感じで追走できていましたが、レースのペースが上がると、ポジションを徐々に後ろへ。そして最後の直線を向く時、外へ大きくフラれるロス。余力をなくしたリミットブレイクはそこから巻き返すことが出来ず12着。レース後、右前脚の落鉄を確認。幸い、蹄等に異常は見つかりませんでした。

その後、NF天栄で再調整してきた訳ですが、復帰戦は早くからココへ照準。牧場時に右前脚の管の部分の皮膚が荒れて腫れてしまうという小トラブルを経験しましたが、大きなロスには至らず。先月24日に厩舎へ戻り、レースに使えることが出来ました。

今回は障害の特別戦ではなく平場の1戦。障害の重賞で活躍している馬は見当たらないも、平場のOPでは馬券圏内に来ている馬がチラホラ。ゆくゆくは重賞へ挑戦していきたいと思っていることでしょう。その中のウエスタンレベッカは未勝利戦でリミットブレイクが歯が立たなかった相手。その差が詰まっているとは思えませんし、OP2戦目の今回も試練の1戦になってくるでしょう。

飛越に関しては安定しているので、あとはOPの厳しい流れに食らい付くことが出来るかどうかが勝負の分かれ目。平地力では他馬に見劣るだけに前々で進めることが出来ないと良い結果はもたらされません。強い相手に揉まれながら、ジワジワ力を付けていくしか道は拓けないので、リミットブレイクには気持ちが折れることなく立ち向かっていって欲しいものです。

« ロードなお馬さん(3歳馬) | トップページ | 左回りの1400mはベスト条件。重賞で相手は更に強化される中、現状の力がどこまで通用するか。また、中京への輸送を無事クリアできているかも勝負の分かれ目に。☆アンブロジオ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リミットブレイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳馬) | トップページ | 左回りの1400mはベスト条件。重賞で相手は更に強化される中、現状の力がどこまで通用するか。また、中京への輸送を無事クリアできているかも勝負の分かれ目に。☆アンブロジオ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ