2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【園田・2戦目】インペリオアスール | トップページ | 今週の出走馬(3/24・25) »

2018年3月22日 (木)

早目にポジションを上げておくことが出来ず、勝負どころからのペースアップに手一杯。6着に流れ込む。★ブライトクォーツ

2018031800

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜中京8R 4歳上500万下・若手(ダ1800m)6着(1番人気) 城戸J

五分のスタートから押していき中団に取りつきます。向こう正面から徐々に前との差を詰めにかかると、5,6番手で直線を向きますが、そこから追い上げる脚はなく6着でゴールしています。

城戸騎手「ゲートから出していって、何とか中団に付けられましたが、この距離は忙しいですね。長く脚を使えるので、向こう正面から早めに動いたのですが、途中で息を入れられるところがない分、最後は前と脚色が一緒になってしまいました。やはり長距離戦の方が追走が楽になりますし、後ろから早めに捲っていくなり、最初から前に付けるなり、どんな競馬でもできると思います。未勝利馬だけに勝ちに行ったのですが、結果を出せず申し訳ありません」

荒川調教師「前回乗ってこの馬の特長は掴んでくれていたと思いますし、早めに動こうとしているのはわかりましたが、外から被せ続けられたことで動き出すのが遅くなってしまいましたね。レースを選べる立場ではないので仕方がないのですが、もう少しペースが落ち着くところがある距離の方がやっぱりいいですね。小倉から続けて使ってきましたので、いったん放牧に出してリフレッシュさせてから新潟開催の後半を目指したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

中団。1800mでも道中は楽に追走できていたが、3角過ぎから押してもなかなか前との差が詰まらなかった。最後までバテてはいないが、速い脚も使えないまま。もっと距離が欲しい。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/22日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第1回新潟開催

荒川師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、疲れは表に見せていないものの、休養明けから3戦したことから、目に見えない疲れがおそらく溜まっていると思いますので、リフレッシュを兼ねて一息入れることにしました。放牧先で変わりないようであれば、5月の新潟開催の後半あたりで復帰できるように戻すことを考えています。22日にNFしがらきへ放牧に出す予定です」(3/21近況)

⇒⇒22日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(22日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

若手限定戦で手頃な頭数+恵まれた相手関係から、この距離でも良い競馬が出来ると思っていたブライトクォーツですが、勝負どころからのペースアップに手一杯。勢いをつけて長い直線へ挑んで欲しかったのですが、見当違いのレースになってしまいました。

確かに道中内に位置したことでペースアップ前に動けなかったのが痛かったです。向正面でもっと差を詰めることが出来ていれば、勝てなくても掲示板は十分あったと思います。また、直線の長いコースではダートよりも芝の方がまだ期待できるように思います。

レース後のブライトクォーツですが、連続して3度使ったこともあり、一旦リフレッシュへ。次走は春の新潟の後半あたりを視野に入れています。タラレバですが、ここで一息入れるなら、適性を感じない中京をパスして福島へ臨んで欲しかったです。新潟の後半戦は最後の降級にチャンスを賭ける馬の参戦が多くなって、レベルが高くなるでしょうし、出走自体が困難になることが予想されます。それなら夏の北海道開催まで待つのもありでしょう。

常に一生懸命走ってくれているブライトクォーツ。じわじわ力も付いてきていると思うので、レースを選べない立場とはいえ適性のある番組に使ってもらいたいです。

« 【園田・2戦目】インペリオアスール | トップページ | 今週の出走馬(3/24・25) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【園田・2戦目】インペリオアスール | トップページ | 今週の出走馬(3/24・25) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ