最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 結果は7着も、勝ち馬とはコンマ2秒差。レースの流れに乗って最後まで脚を繰り出せたのは大きな収穫。ゲートでのロスを少なくしていければ…。★ロードクエスト | トップページ | 今週の出走馬(3/10・11) »

2018年3月 8日 (木)

他馬のキックバックを被ると嫌がる素振り。3角過ぎから遅れ出してしまい、直線は反応出来ず。よもやの12着に敗れる。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜中山7R 4歳上500万下(ダ1200m)12着(2番人気) C.ルメールJ

シャドーロール着用。スタートを左に寄れながら出ると、内目の4,5番手につけて追走します。3コーナーに差し掛かるとすでに手応えが怪しくなりズルズルと後退、中団あたりで直線を向きますが、そこから巻き返す脚はなく12着に敗れています。

C.ルメール騎手「スタートでモタれてしまい行き脚が付きませんでした。馬込みに入って砂を被ってしまうと、ブレーキをかけて進んでいかなくなりました。外枠だったらスムーズに上がっていけたのでしょうが、内枠が災いしました。今回は約1年ぶりの出走でしたし、次はさらに状態が上がってくると思いますので、スムーズに運べればチャンスがあると思います」

国枝調教師「砂を被ってからは戦意喪失してしまいましたね。思えばこれまで内で揉まれる競馬をあまりしてこなかったですからね。また、少し年齢を重ねて楽をすることも覚えてしまったのかもしれません。久々でも仕上がり状態は悪くなかったと思います。久々の一戦でしたし、この後は一息入れて心身ともにリセットしてから次に向かいたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/8日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

国枝師「レース後も心配された右前膝に変化はありません。また、左トモの歩様はレース前と比べても思ったほどの悪化はありません。ただ続けて使うには不安があるので、予定通り一旦放牧に出させていただきます。放牧先で疲れをしっかり取ってもらってから、次に向かいたいと思います」(3/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折休養からの復帰戦でしたが、臨戦過程から久々でも十分力を発揮できると思っていたウォリアーズクロス。ライブで見れず、結果を先に知る形になりましたが、そういえば以前から他馬のキックバックを気にする面があったことを思い出しました。

スタートはそれほど速くなかったですが、二の脚で挽回。芝からダートへ入った時点では行きっぷりは悪くなかったですが、外から他馬が前へ入ってきて徐々にブレーキ。ルメールJにはそこで叱咤激励して集中力の維持に努めて欲しかったところですが、これほど揉まれ弱いとは思っていなかったんでしょうねえ。

内心、好結果を期待していた1戦だったので、この大敗はちょっとショックでしたが、このクラスでは地力上位の存在。スムーズな競馬が出来れば、ガラッと変わってきてくれるでしょう。

レース後のウォリアーズクロスですが、レース途中で戦意喪失したこともあり、右前膝・左トモへのダメージはそれほどでもなかった様子。ただ、2度骨折している事実がありますし、ここで一旦放牧に出し、リフレッシュさせることは賢明な判断だと思います。

この敗戦はなかったものと考え、改めて次走に期待したいです。また、連続での大敗だけは避けてもらいたいです。

« 結果は7着も、勝ち馬とはコンマ2秒差。レースの流れに乗って最後まで脚を繰り出せたのは大きな収穫。ゲートでのロスを少なくしていければ…。★ロードクエスト | トップページ | 今週の出走馬(3/10・11) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ウォリアーズクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果は7着も、勝ち馬とはコンマ2秒差。レースの流れに乗って最後まで脚を繰り出せたのは大きな収穫。ゲートでのロスを少なくしていければ…。★ロードクエスト | トップページ | 今週の出走馬(3/10・11) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ