最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 中山・日経賞あたりでの復帰を目指し、調整を進めていくことになりました。☆ゼーヴィント | トップページ | 他馬とハンデ差が大きいのは気掛かりも、ここも大崩れなく走ってくれそう。あとは鞍上の手腕でひと押しを期待。☆ロードセレリティ »

2018年2月 4日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.571

(京都11R)きさらぎ賞(G3)

◎サトノフェイバー、○グローリーヴェイス、▲ダノンマジェスティ、△ラセット、×カツジ

キャリア1戦で相手に恵まれた面もあったと思いますが、スケールの大きさが魅力の◎サトノフェイバー。逃げないとダメな馬ではないでしょうが、スピードの持続性が武器なので自分の形に持ち込む競馬をしてくれれば。

決め手はここでも上位の○グローリーヴェイズ。ただ、今回は関西への輸送がありますし、非常に緩い流れのレースしか経験していません。淀みなくレースが流れた時にどういう末脚を使えるか。

スケールの大きさでは1番の▲ダノンマジェスティ。キャリアを積んでいけば間違いなく台頭していく馬ですが、荒削りな面が残るのも事実。まあ、これぐらいの頭数なら問題ないかもしれませんが…。

△と×はマイルなら上位。共に1ハロン延長が鍵になってくるかなと思います。それでも△ラセットは芝の3戦がいずれも内容の濃いもの。レースが流れてくれれば、1発あるかもしれません。

(東京11R)東京新聞杯(G3)

◎ダイワギャグニー、○クルーガー、▲グレーターロンドン、△ダノンプラチナ、×アドマイヤリード、★ガリバルディ

勝ち切るまではどうかも、東京のマイル戦なら先行して大崩れなく走ってくれそうなのが◎ダイワギャグニー。前走は不慣れな右回りと距離を考慮すれば、格好は付けたと思います。ここでしっかり賞金を上乗せしたいところ。

○クルーガーは勝ち味に遅いですが、マイルは堅実。G3レベルなら常に警戒が必要でしょう。引き続き浜中Jが乗ってくれるのも好感です。

素質を考えると、そろそろ重賞の勲章が欲しい▲グレーターロンドン。レースを作れない弱みはありますが、決め手はここでも上位。川田Jとのコンビで新味が見られれば。

あとは前走で復活勝利の△ダノンプラチナ。元々東京の方が良い馬ですし、1つ弾みが付いたのでここでも注意は必要。最内枠がどうかも、決め手は牡馬相手でも魅力の×アドマイヤリード。54キロで出走できるのは大いに魅力で。穴は大駆けの可能性を秘める★ガリバルディ。久々は走る馬ですし、集中して走ることが出来れば上位を窺っても。

« 中山・日経賞あたりでの復帰を目指し、調整を進めていくことになりました。☆ゼーヴィント | トップページ | 他馬とハンデ差が大きいのは気掛かりも、ここも大崩れなく走ってくれそう。あとは鞍上の手腕でひと押しを期待。☆ロードセレリティ »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山・日経賞あたりでの復帰を目指し、調整を進めていくことになりました。☆ゼーヴィント | トップページ | 他馬とハンデ差が大きいのは気掛かりも、ここも大崩れなく走ってくれそう。あとは鞍上の手腕でひと押しを期待。☆ロードセレリティ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ