2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 20日に美浦・木村厩舎へ戻っています。☆ゼーヴィント | トップページ | 21日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ »

2018年2月23日 (金)

ダートの走りは悪くなかったも、レースの流れに乗るのに余計な脚を使ってしまう。その為、直線でいざ追われてからピリッとした脚を使えぬまま8着に流れ込む。★ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・斎藤誠)父ディープインパクト 母インディアナギャル

2月18日(日)東京12R・大島特別・混合・ダ1400mに岩田Jで出走。15頭立て6番人気で4枠8番から平均ペースの道中を6、6、6番手と進み、直線では中央を通って1秒3差の8着でした。馬場は良。タイム1分27秒0、上がり38秒2。馬体重は8キロ増加の496キロでした。

○岩田騎手 「砂を被っても怯む様子を見せず、ダートの走り自体は悪くありません。ただ、今日は距離が忙しく、1800mぐらいが合いそう。直線で脚を使えなかったのは、その点が影響したように思います」

○斎藤調教師 「この条件で前々で運べば上手く嵌まると考えていましたが、直線を向いて精彩を欠く形。岩田騎手が話す通り、結果的には距離が短かったのでしょう。でも、芝以外の選択肢が増えたのは収穫。次は中山のダ1800mを考えたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。中団馬群を追走。砂を被ってもヒルむ様子はなかったが、直線でピリッとした脚が使えなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月18日(日)中山・4歳上1000万下・混合・ダ1800mに予定しています。

○斎藤調教師 「レース後も飼い葉を食べている他、そこまでのダメージは感じられません。この様子であれば、手元に置いたまま次の準備に取り掛かれそうです。中京にも同じような番組が組まれていますが、中3週の間隔で中山のダ1800mへ向かいましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝スタートのダ1400mなら、またレース振りが違ったと思いますが、東京のダ1400mはダートコースからのスタート。ゲートを五分に出たロードプレミアムでしたが、これまでのような出脚は付かず。他馬が速く、序盤レースの流れに乗るのに、しばらく促しながらの追走になってしまいました。ここで無駄に脚を使ったのが最後に響いたかなと思います。

確かに砂を被っても怯む様子なし。馬群の中で追走する形になりましたが、他馬を気にする素振りなどはなかったと思います。ただ、最後の直線でピリッとした脚を使えず、態勢がほぼ決したところから舌を越すような面が見られたのが少し気になりました。息苦しいということではなく、単に集中力を欠いている様子。今後は舌を括ってレースへ臨んだり、馬具を工夫するなど対策を講じてもらいたいです。

レース後のプレミアムですが、状態に気になる点は見当たらず。最後まで一生懸命は知っていない分、疲れは少ないのかもしれません。今後は厩舎に留まって、来月18日の中山・ダ1800mを目指すことに。追走に余裕がなかった分、距離延長はプラスでしょうが、ダートコースからのスタートで次は行き脚が付くかどうか。まあ、1400mと比べると、他馬の出脚はそれほど鋭くないでしょうから、慣れを見込めば大丈夫かな。また、今回プラス8キロと幾分立派な造りでした。1度使ったことできっちり絞れてくれば、気持ちの面でもピリッとしてきてくれるのかなと思います。ダート2戦目で変わり身を見せてくれることを今から願っています。

« 20日に美浦・木村厩舎へ戻っています。☆ゼーヴィント | トップページ | 21日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードプレミアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20日に美浦・木村厩舎へ戻っています。☆ゼーヴィント | トップページ | 21日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ