2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 1日に栗東・石坂厩舎へ戻っています。☆ヴィッセン | トップページ | 1月30日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス »

2018年2月 2日 (金)

ロードなお馬さん(藤原英厩舎)

Photo_6 ロードダヴィンチ

2月1日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン80.8-66.0-50.8-38.0-12.3 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒3先行して同時入線。短評は「高いレベルで安定」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「以前に比べて馬自身が結構しっかり。余力を残しながらも2月1日(木)は相応のタイムが出ています。帰厩後、本格的な稽古は初めて。それも考えれば上々ですね。出走プランに関しては検討中。勝ち上がれるように、慎重に決めましょう」

≪調教時計≫
18.02.01 岡田祥 栗CW良 80.8 66.0 50.8 38.0 12.3 馬なり余力 リシュプール(3歳500万)馬なりの外0秒3先行5F付同入

Photo_6 シグナライズ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。まだ目標のレースまで十分な時間が残されており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月3日(土)阪神・チュ-リップ賞(G2)・国際・牝馬限定・芝1600mにルメール騎手で予定しています。

○田代調教助手 「1月31日(水)はダートコースを軽く1周。だいぶ落ち着きが出ています。まだ後肢には幾らか緩さが残る現状。その点が解消して左右のバランスが整えば、もっと上手く収縮運動が出来るでしょう。ただ、そこは成長も待ちつつ・・・ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩してすぐ体温の上昇が認められ、3日ほど調教を休むことになったロードダヴィンチですが、馬場入りを再開後は順調。1日の追い切りは岡田Jが騎乗したとはいえ、馬場の大外を回って80秒8-12秒3という好時計。スパッと切れる脚はありませんが、力強さは十分。芝でもやれますが、ダートの方がより可能性を秘めているんじゃないかなと見ています。

シグナライズはひと月先の阪神・チューリップ賞を予定。まだ時間があるので、この中間も時計を出さず、馬の少ないダートコースでリラックス調整。その甲斐あって、落ち着きが出てきているのは○。あとはコツコツ乗り込むことで着実な成長を遂げていってもらえればと思います。血統的に奥行きのある馬でしょうし。

« 1日に栗東・石坂厩舎へ戻っています。☆ヴィッセン | トップページ | 1月30日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

シグナライズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日に栗東・石坂厩舎へ戻っています。☆ヴィッセン | トップページ | 1月30日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ