2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 16日に栗東・斉藤崇厩舎へ戻っています。☆ディグニファイド | トップページ | 東京への長距離輸送があり、難しい面の出やすい2戦目。一抹の不安はあるも、自分との戦いを制してくれれば自ずと結果は付いてくる筈。☆ダイアトニック »

2018年2月17日 (土)

デビュー2戦は勝ち馬が凄すぎただけ。小回りコースに一抹の不安はあるも、早めの仕掛けでここは押し切って欲しい。☆ロードダヴィンチ

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・藤原英)父ロードカナロア 母レディアーティスト

2月17日(土)小倉5R・3歳未勝利・芝1800mに北村友Jで出走します。2月14日(水)良の栗東・芝コースで5ハロン66.0-50.4-36.8-12.0 5分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の外を0秒3先行して首先着。追い切りの短評は「久々も動き軽快」でした。発走は12時10分です。

○田代調教助手 「2月14日(水)は本馬場をサッと流すような形。もう態勢が整っているのに加え、長距離輸送も控えますからね。これで大丈夫。トモのパワーアップを含めて、更なる成長を求めたいのは確かです。でも、ここは能力で突破して欲しいところ」

≪調教時計≫
18.02.14 助手 栗東芝良 66.0 50.4 36.8 12.0 馬なり余力 ギベオン(3歳500万)末強目の外0秒3先行首先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回小倉3日目(02月17日)
5R 3歳未勝利
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走12:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ウインルーカス 牡3 56 松山弘平
2 2 ホリーユニコーン 牝3 54 丹内祐次
2 3 マイネルルティレ 牡3 56 D.バルジュー
3 4 コウセイゲキソウ 牡3 55 小崎綾也
3 5 コシミノダンサー 牝3 53 木幡初也
4 6 ロードダヴィンチ 牡3 56 北村友一
4 7 エイコーン 牡3 56 秋山真一郎
5 8 アスナタン 牝3 51 藤田菜七子
5 9 シャープスティーン 牝3 54 吉田隼人
6 10 デンコウメジャー 牡3 53 横山武史
6 11 アクシス 牡3 56 柴山雄一
7 12 キタノカイダンジ 牡3 56 荻野琢真
7 13 アモーレジョディー 牝3 54 菱田裕二
8 14 ドレサージュ 牝3 54 丸田恭介
8 15 トワノホホエミ 牝3 54 丸山元気

○田代助手 「2戦とも強い勝ち馬だったけど、この馬自身もいい脚を見せていた。体が大きいけど、小回りも問題ない。太目感なく乗り込めているし、コーナー4つの1800mにも対応可能。自在性もあるよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

負けて強しのデビュー戦から中1週で臨んだ前走。血統からマイルへの距離短縮はプラスに出ると見ていたロードダヴィンチ。それに対し、ライバルと見ていたエアアルマスは1ハロン延長で末が甘くなるんじゃないかなと思っていたのですが…。

いざレースへ行くと、少し揉まれる形になったのも良くなかったのが、ダヴィンチの行きっぷりは一息。トビの大きい馬なのでモタモタ感が余計に目立ったのかなと思いますが、促しながらの追走。一方のエアアルマスは掛かりそうなぐらいの行きっぷりで前々の競馬。非常にスムーズな走りを見せていました。そして最後の直線、鞍上の手が動くダヴィンチらとは違い、鞍上のルメールJが軽く仕掛けて程度でスーと加速。持ったままなのに差はみるみる広がり、呆れるほどの強さでした。ダヴィンチは直線でも反応は鈍く、鞍上の叱咤激励で何とか2着を確保するのがやっと。今にして思えば、東京でのデビュー戦2着から中1週のローテーションが応えていたのかなと思います。

前走後はソエの症状が確認できたこともあり、無理せず一旦リフレッシュ。背腰など馬体のケアを優先して進めてきました。そして先月半ばに厩舎へ。ただ、帰厩してまもなく熱発のトラブル発生。3日間ほど運動を控えることになってしまいましたが、これから調整を進めて行こうという段階だったのが幸い。ある程度仕上がってきて、休ませることになれば、ロスが大きいですし。

時計を出し始めてからは順調そのもの。緩さが残るも、レースを空けたことでダヴィンチ自身結構しっかりしてきた様子。楽に時計が出るようになってきたかなと思います。追い切りを重ねて、久々でも十分力を発揮できるデキにはあります。

3戦目、どんな番組を選んでくるかなと見ていたら、ローカルの芝1800mを選択。ワンペース気味の走りで切れる脚が使えないので、ダートを試して欲しかったですが、先着を許したブラストワンピース・エアアルマスが単に強すぎただけで、芝の未勝利を勝てる力は秘めている筈。前走の走りを見ると、小回りの小倉コースがマイナスに出るかもしれませんが、そこは地力に期待。立て直した効果もあるでしょうから。

目標にされると競り負けるシーンがあるかもしれませんが、相手関係が落ちる今回はきっちり決めて欲しいというのが本音。早めの仕掛け(相手次第で逃げても)で後続の追撃を封じてもらいたいです。

« 16日に栗東・斉藤崇厩舎へ戻っています。☆ディグニファイド | トップページ | 東京への長距離輸送があり、難しい面の出やすい2戦目。一抹の不安はあるも、自分との戦いを制してくれれば自ずと結果は付いてくる筈。☆ダイアトニック »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16日に栗東・斉藤崇厩舎へ戻っています。☆ディグニファイド | トップページ | 東京への長距離輸送があり、難しい面の出やすい2戦目。一抹の不安はあるも、自分との戦いを制してくれれば自ずと結果は付いてくる筈。☆ダイアトニック »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ