2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(牡馬・来週出走予定馬) »

2018年2月21日 (水)

ロードなお馬さん(2歳牡馬)

Photo_6 キャトルフィーユの16

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。1月下旬測定の馬体重は459キロ。

○当地スタッフ 「週1回の割合でハロン15、16秒のキャンターを消化しています。背腰やトモに著しい疲労は出ていない一方、本馬のポテンシャルの高さを考えると、走り、息遣い共に物足りない感じ。積極的な早期始動は考えず、じっくり成長を促すべきでしょう」

Photo_6 キャサリンオブアラゴンの16

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1400~2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。1月下旬測定の馬体重は508キロ。

○当地スタッフ 「2月に入ってからも悪い変化は生じておらず、トビの大きなフットワークでグイグイ勾配を駆け登る姿は頼もしい限りです。得意にしそうな距離を言い当てるのは難解。ただ、従順な性格を考慮すると、1800mや2000mも十分にこなせると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

キャトルフィーユの16はポテンシャルの高さでハロン15秒の調教に対応していますが、内面の充実が他馬よりもスローな印象。血統馬らしい良さを秘めていると思うので、マイペースを貫いていくしかありません。

キャサリンオブアラゴンの16はひとまず順調。動画を見ても、トビの大きいフットワークで集中して走れているのは何より。父の良さよりも母系の奥深さを感じる1頭。芝で素軽い走りをする競走馬になってもらいたいです。

« シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(牡馬・来週出走予定馬) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードアドミラル」カテゴリの記事

(引退)ロードラウレア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(牡馬・来週出走予定馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ