2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ゲートはやはり遅かったも、大きなロスには至らず。道中は上手に競馬を進めることが出来、最後の直線では外目に持ち出して渋太い伸び。良化途上の現状を踏まえると上々の3着。☆ロードザナドゥ | トップページ | 今回も出負けし、懸念していたようにスタート地点の芝でモタモタ。後方からの競馬を強いられるも、砂を被っても問題なし。直線でもジリジリ脚を使って7着まで押し上げてくる。★ロードエース »

2018年2月22日 (木)

スタートでのロスを上手に挽回し、絶好の展開に持ち込む。最後の直線で先頭に立った時はさすがに押し切れると思ったのですが…。勝ち馬の強襲を食らって2着。力は足りているのですが、1着という結果をどうしても残せず。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜小倉6R 4歳上500万下(ダ2400m)2着(3番人気) 吉田隼J

スタートで躓き後手を踏み、序盤は8番手あたりに付けますが、1周目のスタンド前で2番手まで押し上げて行きます。そのままの隊列で直線に向き、残り200m付近で先頭に立ちますが、ゴール直前で外から脚を伸ばしてきた勝ち馬に差し切られ、2着に敗れています。

吉田隼人騎手「スタートで躓いてしまいましたが、その後はグッとハミを取ってくれたので、ペースが落ち着いたところで上がって行こうと思っていました。1周目のスタンド前でジワーッと上がって行って、3着馬に張ってこられたものの、その後もいいペースで手応え良く進められましたね。2周目の3コーナーで少しズブさを見せましたが、促していけばまたエンジンが掛かりましたし、3着馬とのマッチレースだと思っていて直線半ばでそれを捉えた時には勝ったかと思ったのですが、勝ち馬には凄い脚を使われてしまいました。中団のままで進めていては勝負どころで置かれてしまいますし、今日のようにどこかで押し上げて行く競馬がこの馬にはやはり合っていますね」

荒川調教師「勝つにはあの形しかなかったと思いますし、今日こそはやってくれたかなと思ったんですけどね。スタートで躓いてしまった分のロスもありましたし、今日は少し運がなかったです。目一杯走ったのでトレセンに戻って状態を確認した上で判断したいと思いますが、出来れば小倉最終週の同条件に向かえればと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

16キロ増の数字ほどではなかったが、少し太目。スタートで躓いたが、ほどなくハミを噛んで進んでいってペースの落ちたスタンド前では先頭へ。1角で一旦はサイドチェンジに先を譲り、直線へ入って抜け出しを図る。ラストでピエナクルーズの強襲を凌げなかったが、後続には5馬身長差。力は見せた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:小倉3月4日・ダ2400m(吉田隼J)

荒川師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、疲れはそこまで感じませんし、馬体にも問題ありません。詰めの甘さがありながらも堅実に走ってくれていますし、どこかで勝ち上がってくれると思いますが、一つ勝たないことには目標をもってレースに臨めないので、そこだけが歯痒いところです。今週いっぱい状態を見て変わりないようであれば、3月4日の小倉・ダ2400mを目標に調整していきたいと思います。念のために3月3日の小倉・呼子特別にも登録をしておきます」(2/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スタートで行き脚が付かなかった時は頭を抱えましたが、ペースが落ち着きかけたところでブライトクォーツと吉田隼Jはスゥーと前へ。1週目のスタンド前では2番手まで押し上げることに成功。自分の競馬に持ち込むことが出来ましたし、当面のライバル・サイドチェンジが先頭にいたので、レース自体が進めやすくなりました。あとはどのタイミングで前を捉えに行くか。

2週目の3角あたりで一瞬手応えは怪しくなるも、鞍上の叱咤に反応。4角を回って最後の直線を向いた時にはマッチレースの形に。そして期待どおりに競り落とし、あとは1着でゴールするだけ。直線が短く、砂の深い小倉ダートならこの時点で押し切れると思ったのですが…。後方で鳴りを潜めていたピエナクルーズ1頭だけが猛然と追い込み。ラスト100mから非常に長く感じ、最後はきっちり捉えられてしまいました。

今度こそ勝てると思ったのですが、先頭に立つと、ブライトクォーツの勢いが弱まり、慣れないことに戸惑ってしまったのかもしれません。次走ではフワッとしないようにチークピーシズを着けることを1度検討してもらいたいです。

レース後のブライトクォーツですが、状態に気になる点は見当たらず。引き続き厩舎に留まり、中1週のローテーションで再度小倉・ダ2400mを目指すことに。幾分余裕のある造りだったので、レース間隔が詰まっても応えることはないでしょう。あとは未勝利の身なので、2着に入っても、それが優先権確保に繋がらない点。フルゲートを割ってくれていないと、ブライトクォーツの出番はありません。メンバーの大半は今回一緒に走った馬たちになるでしょうが、最終週は通常頭数が揃います。芝の呼子特別へ回ることになる可能性が高いのかなと思います。まあ、ここなら使えそうです。

勝ちパターンを構築し、あとは1着という結果を手にするだけなのですが、そこからの見えない壁が厚くて高いです。力は通用しているだけにホントもどかしいです。

« ゲートはやはり遅かったも、大きなロスには至らず。道中は上手に競馬を進めることが出来、最後の直線では外目に持ち出して渋太い伸び。良化途上の現状を踏まえると上々の3着。☆ロードザナドゥ | トップページ | 今回も出負けし、懸念していたようにスタート地点の芝でモタモタ。後方からの競馬を強いられるも、砂を被っても問題なし。直線でもジリジリ脚を使って7着まで押し上げてくる。★ロードエース »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲートはやはり遅かったも、大きなロスには至らず。道中は上手に競馬を進めることが出来、最後の直線では外目に持ち出して渋太い伸び。良化途上の現状を踏まえると上々の3着。☆ロードザナドゥ | トップページ | 今回も出負けし、懸念していたようにスタート地点の芝でモタモタ。後方からの競馬を強いられるも、砂を被っても問題なし。直線でもジリジリ脚を使って7着まで押し上げてくる。★ロードエース »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ