2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 頭を上げる場面はあったも、道中はスムーズに好位を追走。直線でもしっかり反応するも、内から先に抜け出した勝ち馬を捉えることは出来ず。クビ差の2着に終わる。☆アンブロジオ | トップページ | 他馬に寄られて怯んでしまい急激にスピードダウン。その結果、勝負どころで大きく置かれることなり、さすがに挽回が利かず。ロスの多い競馬で4着敗退。★ピボットポイント »

2018年2月 2日 (金)

今週の出走馬(2/3・4)

<日曜日>

Photo ロードセレリティ

京都9R・山城S・芝1200mにM.デムーロJとのコンビで出走します。

Photo_2 ドレーク

東京9R・ゆりかもめ賞・芝2400mに藤岡康Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週は複数勝利を意識できるラインナップでしたが、1勝も出来ず。好スタートを切った2018年ですが、早くも停滞ムードに。今週は日曜日にシルク・ロードの各1頭ずつスタンバイしていますが、2月の初勝利を掴み取って欲しいです。

ロードセレリティは1200mで2→3着と惜敗続きですが、レース内容は共に負けて強しの内容。今回も大崩れはないと思いますが、先頭に立つとソラを使ったり、乗り難しい面も残しています。何とかひと押し利かせて、再度のOP入りを成し遂げて欲しいです。

ドレークは未勝利勝ちから中2週での東上。身内のライバル(シルク馬)がいたり、前走重賞の京成杯で健闘してきた馬が出てきており、手強いメンバー。決め手比べだと分が悪いですが、前走で芝2200mを勝っているのはアドバンテージは見込めますし、立ち回りの上手な馬。勝ち切れなくても、大崩れはないでしょう。幾らかでもタフな流れになってくれれば、勝つチャンスも出てくるでしょう。

« 頭を上げる場面はあったも、道中はスムーズに好位を追走。直線でもしっかり反応するも、内から先に抜け出した勝ち馬を捉えることは出来ず。クビ差の2着に終わる。☆アンブロジオ | トップページ | 他馬に寄られて怯んでしまい急激にスピードダウン。その結果、勝負どころで大きく置かれることなり、さすがに挽回が利かず。ロスの多い競馬で4着敗退。★ピボットポイント »

今週の出走馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭を上げる場面はあったも、道中はスムーズに好位を追走。直線でもしっかり反応するも、内から先に抜け出した勝ち馬を捉えることは出来ず。クビ差の2着に終わる。☆アンブロジオ | トップページ | 他馬に寄られて怯んでしまい急激にスピードダウン。その結果、勝負どころで大きく置かれることなり、さすがに挽回が利かず。ロスの多い競馬で4着敗退。★ピボットポイント »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ