最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 7日に帰厩。戸崎Jとのコンビで28日の東京・ダ1400mを予定しています。☆ブロードアリュール | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.521 »

2018年1月12日 (金)

最後の直線で馬群を捌くのに苦労するも、内からスパッと抜け出す。ただ、外の2頭の併せ馬の勢いが勝り、非常に惜しい3着に終わる。☆ロードセレリティ

Photo_6 ロードセレリティ(牡・高柳)父キングカメハメハ 母ティアドロップス

1月7日(日)中山9R・サンライズS・混合・芝1200mに三浦Jで出走。16頭立て1番人気で2枠3番からハイペースの道中を5、5、4番手と進み、直線では内を通って0秒2差の3着でした。馬場は良。タイム1分08秒4、上がり35秒0。馬体重は2キロ減少の492キロでした。

○三浦騎手 「煩かった隣の馬に釣られて出負け。でも、二の脚が速く、スムーズに前に付けることができました。直線で渋滞に嵌まってしまったとは言え、進路が開いた段階でも十分に間に合う感じだったのですが・・・。ソラを使ったところに離れた位置から一気に交わされただけに、併せる形であれば違ったかも知れません。能力の高さを考えると、チャンスは近いと思います」

○高柳調教師 「スタートで遅れていなくても、位置取りは同じイメージ。大きな影響は無かったと思います。何よりも直線で捌くのに手間取った部分が痛恨。外から勢いを付けて回って来た馬に対して為す術がありませんでした。この条件で続けて好走。中3週で京都へ向かうプランを前向きに考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

チークピーシズ。好調キープ。1完歩目は今ひとつだったが、すぐに二の脚がついて好位のイン。直線で窮屈な場面があり、ワンテンポ追い出しを待たされたが、残り100mで馬群を割ってアワヤのシーン。最後は外2頭の勢いに屈したが、前に行った組では最先着を果たし、レースぶりは中身が濃い。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月4日(日)京都・山城S・混合・芝1200mに予定しています。

○高柳調教師「競馬後も変わらず過ごしており、今のところは続けて使って行けそうな感触。中3週で組まれる京都の自己条件を狙いましょう。ハンデ戦で斤量を背負うかも知れませんが、今は右回りの芝1200mを選びたいです。三浦騎手は不在。代役を検討します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スタートでやや後手を踏みましたが、すぐにリカバー。レースの流れに乗って内々で立ち回ることが出来たロードセレリティ。最後の直線は確かに進路が出来るのを待つことになりましたが、抜け出す時は鋭い伸びを披露。うまく内をすくったと思ったのですが、外で2頭が併せ馬で伸びてきたのが誤算。また、セレリティ自身も1頭になってフワッとした面があった様子。

結果は僅差の3着と勿体なさは残りましたが、レースぶりはまさに負けて強しの内容。この距離で連続して馬券圏内の走りが出来たのは褒めてあげたいです。また、個人的には正攻法の競馬よりも、1歩下がった位置で追走して差す競馬が出来ればもっとやれそうな気がします。まあ、こういう競馬を続けてくれれば、堅実で出資者には有難いですし、いずれ勝つチャンスが巡ってくる筈ですし。

レース後のセレリティですが、特に異常は見当たりません。もう1戦できる状態にはある様子。中3週のローテで京都・山城Sへ向かう予定となっています。三浦Jが乗れないのは残念ですが、右回りの芝1200mならそれほど乗り難しくはないと思います。引き続き、好勝負を期待したいです。

« 7日に帰厩。戸崎Jとのコンビで28日の東京・ダ1400mを予定しています。☆ブロードアリュール | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.521 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードセレリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7日に帰厩。戸崎Jとのコンビで28日の東京・ダ1400mを予定しています。☆ブロードアリュール | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.521 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ