2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 折り合い面を考慮すると距離短縮は間違いなくプラス。ただ、OPの1戦で粒の揃ったメンバー相手にどこまで通じるか。今後を占う大事な1戦。☆アンブロジオ | トップページ | 3月3日の小倉・早鞆特別での復帰を予定しています。☆ディグニファイド »

2018年1月28日 (日)

引き続きC.ルメールJとのコンビで次走チューリップ賞を予定しています。☆シグナライズ

Photo_6 シグナライズ(牝・藤原英)父Frankel 母ワイルドココ

栗東トレセンで軽目の乗り運動を消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月3日(土)阪神・チュ-リップ賞(G2)・国際・牝馬限定・芝1600mにルメール騎手で予定しています。

○田代調教助手 「どうやらルメール騎手の都合も大丈夫そう。次走はチュ-リップ賞(G2)を予定したいと思います。時間に余裕が持てるだけに、1月24日(水)も角馬場まで。今しばらくはリラックスを心掛け、スケジュールを見ながら上げて行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

紅梅Sでよもやの4着に敗れてしまったシグナライズ。引き続き、在厩で調整を続けていますが、角馬場で軽めの調整止まり。テンションが高いとか、脚元等に気になるところがあるとかではないので、心配することはないでしょう。

次走に関して、今回の更新で3月3日のチューリップ賞へ向かうことが決定。引き続きC.ルメールJが乗ってくれるのは有り難いですが、仮に権利が取れた場合、桜花賞本番で乗ってくれる可能性は低いように思います。

まあ、それは桜花賞への優先権を取ってからの話。阪神JFの1・2着馬がここから始動するようなので、権利取りは簡単には行きません。1度使っていることはアドバンテージでしょうが…。前走の負け方がハッキリしないので、モヤモヤした気持ちでレース当日を迎えることになりそうです。

« 折り合い面を考慮すると距離短縮は間違いなくプラス。ただ、OPの1戦で粒の揃ったメンバー相手にどこまで通じるか。今後を占う大事な1戦。☆アンブロジオ | トップページ | 3月3日の小倉・早鞆特別での復帰を予定しています。☆ディグニファイド »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

シグナライズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折り合い面を考慮すると距離短縮は間違いなくプラス。ただ、OPの1戦で粒の揃ったメンバー相手にどこまで通じるか。今後を占う大事な1戦。☆アンブロジオ | トップページ | 3月3日の小倉・早鞆特別での復帰を予定しています。☆ディグニファイド »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ