2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳・未勝利馬) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.568 »

2018年1月 6日 (土)

レースで散漫な面を緩和するためにチークピーシズを装着。この距離2度目で諸々の条件が整った今回は勝利という結果が欲しい。☆ロードセレリティ

Photo_6 ロードセレリティ(牡・高柳)父キングカメハメハ 母ティアドロップス

1月7日(日)中山9R・サンライズS・混合・芝1200mに三浦Jで出走します。1月3日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン68.5-52.5-38.6-13.0 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒9追走して同時入線。追い切りの短評は「抜群の動き」でした。発走は14時25分です。

○高柳調教師 「1月3日(水)は約52秒をマーク。この間のレースで左右に注意散漫な部分が認められた為、地方時代に着用していたチークピーシズを試しました。モタれは大きく変わらないとは言え、一定の効果が得られた印象。本番もそのまま臨もうと思います」

≪調教時計≫
17.12.31 助手 美南坂良2回 59.9 44.6 29.8 14.8 馬なり余力
18.01.03 三 浦 美南W良 68.5 52.5 38.6 13.0 馬なり余力 ジョンブリアン(古馬1000万)馬なりの内0秒9追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山2日目(01月07日)
9R サンライズS
サラ 芝1200メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フクノグローリア 牝6 55 二本柳壮
1 2 デンコウウノ 牡7 57 太宰啓介
2 3 ロードセレリティ 牡5 57 三浦皇成
2 4 トシザキミ 牝7 55 江田照男
3 5 ドラゴンストリート 牡7 57 大野拓弥
3 6 メイショウスイヅキ 牝5 55 横山典弘
4 7 メイショウブイダン 牡7 57 村田一誠
4 8 アッラサルーテ 牝5 55 石橋脩
5 9 ナインテイルズ 牡7 57 柴山雄一
5 10 ウエスタンユーノー 牝7 55 横山和生
6 11 クインズサリナ 牝4 54 田辺裕信
6 12 ベルモントラハイナ 牝7 55 藤田菜七子
7 13 アルマエルナト せ7 57 柴田大知
7 14 アイライン 牝6 55 勝浦正樹
8 15 レジーナフォルテ 牝4 54 吉田隼人
8 16 クリノコマチ 牝7 55 田中勝春

○高柳師 「前走は初めての1200mがいい方に出ましたね。ただ、直線は右にモタれるというより左右にフラフラしていました。まだ、力を出し切っていないので、チークピーシズ着用で集中してくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は待望のスプリント戦。準OPクラスを1度勝っているとはいえ、近走はやや頭打ちの状態だったので、1200mで変わらないとちょっと辛いなあと見ていましたが、馬群の中での追走でフワフワしながらも、最後の直線は馬群から抜け出し、進路を内へ切り替えながら2着を確保する味な競馬。三浦Jの手腕も光りましたが、やはりこの距離への高い適性を秘めていることが広く認識されることとなったのは大変良かったです。

前走後は在厩で調整を続け、このレースに早くから照準を合わせてきました。一時期、除外の可能性が高まりましたが、何とか無事に出走枠を確保。状態はひと叩きして確実に良化を遂げていますし、この距離を1度経験した強み・慣れも見込めます。

そして今回、レースへ行って散漫な面を緩和するためにチークピーシズを装着。地方・大井での走りからその効果を感じていたので、“正直やっと叶った…”という感じですが、プラスに働くのは間違いないでしょう。2度目の準OP突破に諸々の条件が整いました。

あとは三浦J&ロードセレリティが御膳立てに対して、きちんと結果で応えて欲しいです。

« シルクなお馬さん(4歳・未勝利馬) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.568 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードセレリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳・未勝利馬) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.568 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ