2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« まだまだ良化途上で動きも変わってきていないも、ここでは素質は1枚上。荒れてきた馬場に脚を取られなければ良いのですが…。☆ピボットポイント | トップページ | 【動画更新】ロジャーズクライ »

2018年1月28日 (日)

3連勝となると簡単ではないも、厩舎に戻ってからの調整は順調。まずは道中の不利なく伸び伸び走ってきて欲しい。☆ブロードアリュール

Photo_3 ブロードアリュール(牡・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

日曜東京8R 3歳上500万下(ダ1400m)8枠16番 戸崎J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで25日に時計

尾関師「相変わらず歩様に硬さは見られますが、特に酷くなっているわけではありませんし、いい意味で以前と比べて変わりはありません。ただ全休日明けは特に硬さを見せる感じですし、今週は降雪の影響で23日に十分な運動が出来なかったため、24日にしっかりと運動を行い、25日に南Wコースで3頭併せで追い切りを行いました。半マイルから時計を出す形で、道中は一番後ろを追走し、古馬なのでしっかりと負荷を掛けたかったこともあり、直線は一番外に出して併せていきました。追い出しに掛かるといい反応を見せてしっかりとした脚を使ってくれましたし、いい追い切りを消化できたと思います。上がりの歩様も特に気になることはなかったですし、あとはレースまで上手くケアしていきながら進めていきたいと思います。3連勝となるとそう簡単にはいかない部分があると思いますが、能力的には昇級しても十分通用するとは思いますし、今後に向けてもいい結果を期待したいと思います」(1/25近況)

助 手 21南D良 キリ 馬なり余力
助 手 25南W良 54.1- 39.4- 12.3 強目に追う ユイノルフィ(古500万)末強目の外を1.1秒追走0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京2日目(01月28日)
8R 4歳上1000万下
サラ ダ1400メートル 指定 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オーバースペック 牡4 56 岩部純二
1 2 ハシカミ 牡5 57 武士沢友治
2 3 ブラヴォバンビーノ 牡4 56 江田照男
2 4 リベルタンゴ 牝6 52 武藤雅
3 5 フクノグリュック 牡6 57 横山和生
3 6 リアンヴェリテ 牡4 56 大野拓弥
4 7 アフターバーナー せ4 56 田辺裕信
4 8 アシャカセルクル 牡4 56 吉田隼人
5 9 ホノカ 牝4 54 内田博幸
5 10 ワシントンレガシー 牝4 54 福永祐一
6 11 ワンダープラヤアン 牡4 56 北村宏司
6 12 シーリーヴェール 牡7 56 荻野極
7 13 ローレルジャック 牡5 57 松岡正海
7 14 ロマンホープ 牡6 57 柴田善臣
8 15 コスモラヴモア 牡7 57 津村明秀
8 16 ブロードアリュール 牡4 56 戸崎圭太

○尾関師 「前走が完勝。体質の弱さはありますが、調整は順調ですし、ポテンシャルから1000万でもやれていいと思います」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

キャリアの浅い馬なので、前走は最内枠を懸念したのですが、当時の鞍上・田辺Jが馬群の切れ目を上手に生かし、早めに外目のポジションへ誘導。道中は急がせず、脚を溜めながらの追走で最後の直線へ。前が壁になることなく進路が出来たブロードアリュールは満を持して追い出されると、母のような回転の速いピッチ走法ではないも、追われた分だけグイグイ伸びるといった感じ。先行馬が楽をしている印象でしたが、それらをきっちり捉えると、最後は2着馬に2馬身差。走破時計は平凡な部類ですが、1勝馬クラスでも力は上でした。

快勝後は欲張らず、NF天栄で一旦リフレッシュ。東京・ダ1400mが合っているということもあり、1回東京を目指して調整を進めてきました。途中、左前脚の歩様に硬さが出て、ペースダウンしましたが、早めの処置・対応でリカバー。帰厩後、坂路だけでなくコースでしっかり負荷を掛けることが出来ているので良い状態で今回もレースへ臨めると思います。

あとはいきなり1000万下でも力が足りるかどうか。不良の馬場ですが、凍結防止剤を撒いていることもあり、適度に時計の掛かる馬場。速い時計のないブロードアリュールには味方してくれるかも。大外枠に関しては、外々を回されると辛くなるかもしれませんが、未勝利戦もこの枠で勝っていますし、揉まれ込む心配がないのは何より。今回も自分のリズムを大事に進め、最後の直線でしっかり脚を繰り出す競馬を期待しています。また、意外と相手関係には恵まれたかもしれません。

まだまだ体質面で弱さを残し、放牧を挟みつつの出走が必要でしょうが、父・母からダート馬としての非凡なモノを受け継いでいるのは確かなので、上を目指して突き進んでもらいたいです。

« まだまだ良化途上で動きも変わってきていないも、ここでは素質は1枚上。荒れてきた馬場に脚を取られなければ良いのですが…。☆ピボットポイント | トップページ | 【動画更新】ロジャーズクライ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブロードアリュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ良化途上で動きも変わってきていないも、ここでは素質は1枚上。荒れてきた馬場に脚を取られなければ良いのですが…。☆ピボットポイント | トップページ | 【動画更新】ロジャーズクライ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ