2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ゲートで煽って後方からの競馬となるも、慌てることなく直線勝負へ。Sペースで前が止まらないところを大外から末脚一閃。余力十分に突き抜けてしまう。☆アーモンドアイ | トップページ | ここへ向けて調整は順調も、一変しそうな雰囲気は感じられず。まずはゲートを五分に出るようにならないと…。★アンナベルガイト »

2018年1月13日 (土)

直線で2度立て直す不利は痛かったも、最後までしっかり脚を繰り出して3着。今ならこの距離が1番合いそう。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

1月8日(月)中山11R・カーバンクルS(OP)・混合・芝1200mに三浦Jで出走。9頭立て4番人気で8枠8番から平均ペースの道中を6、6、6番手と進み、直線では大外を通って0秒3差の3着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分08秒6、上がり33秒6。馬体重は6キロ増加の464キロでした。

○三浦騎手 「事前のイメージ通りに1200mへ対応できています。オープンの割には遅い流れだったとは言え、初距離で自分のリズムを守りながらある程度の位置を確保。直線では最後までしっかり脚を使ってくれました。考えていた以上に指示に従って動いてくれた他、後方待機に制限されないこの条件が今は適している印象です」

○小島調教師 「一瞬は勝ったかな・・・と思える勢い。直線で右へモタれ加減になり、内の馬も張って来た部分は痛かったですね。結構、噛ませて行きましたので、1600mへ戻すのはなかなか難しいでしょう。でも、スムーズに流れに乗れただけに、スプリント戦を選ぶのが良さそう。初めての距離を経験し、次は更に変わるはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

初の芝1200mだったが、前5頭からは離れた中団の外で行きたがるのをなだめるぐらいの行きっぷり。直線は2着馬に内から寄られて一瞬ブレーキをかけながらも、そのまま大外を通って伸びてきたが、流れが落ち着いたこともあり、届かず。それでも57キロでこの距離への適性は示した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、1月28日(日)京都・シルクロードS(G3)・国際・芝1200mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「中山から戻った後も普通に過ごしており、当たり前の疲れが認められる程度に映ります。十分に回復を図った上で、再来週のシルクロードS(G3)へ向かう方針。フルゲート割れが続いている番組で、例年通りであれば除外の心配は要らないはずですよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP特別で9頭立ての3着という結果に正直物足りなさはありますが、マイル戦での追い込み一辺倒に限界を感じていたロードクエスト。行きたがる気性なのでもう距離は戻せないでしょうが、まあ、それでも一応の適性は示すことが出来ましたし、経験を積んでいけば更にスムーズな走りを見せてくれると思います。ただ、1分7秒前半とかの速い時計を要求されると厳しいかもしれません。

レース内容を振り返ると、心配したスタートのロスはそれほどなく、中団での追走。初めての1200mですが、ハミを噛ませて追走したので行きたがる程の勢い。何とか我慢させて直線は小細工なしに大外へ。一瞬グッと伸びてきそうな雰囲気はあったのですが、2着馬に寄られて、乗りかかりそうな場面があってブレーキ。その後、外へモタれる場面もあって…。また、勝ち馬の楽逃げということで展開も向きませんでした。それでも今後への期待・可能性を感じさせる走りにホッとしました。低迷続きの現状から1歩脱出。ここ1年は掲示板に載ることに苦労していた訳ですから。

レース後のクエストですが、相応の疲れはあるものの想定内。今後は中2週のローテで京都・シルクロードSへ向かう予定となっています。仕上がりは良かったと思うので、この調子を維持して次走へ挑んでもらえればと思います。

京都・芝1200mは更にSペースになりやすく、重賞で頭数が揃うと捌き辛いと思いますが、小細工なしの大外ぶん回しで今回以上の結果を期待したいです。

« ゲートで煽って後方からの競馬となるも、慌てることなく直線勝負へ。Sペースで前が止まらないところを大外から末脚一閃。余力十分に突き抜けてしまう。☆アーモンドアイ | トップページ | ここへ向けて調整は順調も、一変しそうな雰囲気は感じられず。まずはゲートを五分に出るようにならないと…。★アンナベルガイト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲートで煽って後方からの競馬となるも、慌てることなく直線勝負へ。Sペースで前が止まらないところを大外から末脚一閃。余力十分に突き抜けてしまう。☆アーモンドアイ | トップページ | ここへ向けて調整は順調も、一変しそうな雰囲気は感じられず。まずはゲートを五分に出るようにならないと…。★アンナベルガイト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ