2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 再浮上のキッカケとなる舞台は整ったので、あとはレースに行って確かな適性を示すのみ。アテにならない気性もここで変わり身を見せて欲しい。☆ロードセレリティ | トップページ | シルクなお馬さん(牝馬・牧場組) »

2017年12月17日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.564

(阪神11R)朝日杯フューチュリティS(G1)

◎ダノンプレミアム、○ダノンスマッシュ、▲タワーオブロンドン、△ステルヴィオ、×ケイアイノーテック

◎○▲の3頭が勝ち馬候補。マイルで確かな実績を示している点+レースセンスの良さで◎ダノンプレミアムですが、この最内枠がやや嫌な材料。ゲートで後手を踏むと、根性のある母系ではないので伸びあぐねるシーンも。

○ダノンスマッシュはマイルへの対応が鍵になりますが、稽古の動きは絶品。ダイアトニックを含めて土曜日に安田隆厩舎のカナロア産駒がこの舞台を連勝。2度あることは3度あることを期待。◎○の親子丼は嬉しくありませんが、ケイアイFを応援したいです。

▲タワーオブロンドンはマイルへの対応力に尽きます。1400mのパフォーマンスは時計・内容ともにほぼパーフェクト。レース後、単純に力が違っていたという結果になっても不思議ではありません。

堅実に伸びてくる△ステルヴィオ。ここでも大崩れはないでしょうが、勝ち負けを演じるところまで迫れるかとなるとやや疑問も。楽に追走できるようなれば、決め手により磨きがかかるでしょうが。

攻め駆けした母の仔らしく坂路で好時計を連発しているのが×ケイアイノーテック。この馬もダートの方が良さそうなタイプ。パワー型なので京都から阪神へのコース替わりも良いでしょう。ひと叩きしてどこまで肉薄出来るか。

« 再浮上のキッカケとなる舞台は整ったので、あとはレースに行って確かな適性を示すのみ。アテにならない気性もここで変わり身を見せて欲しい。☆ロードセレリティ | トップページ | シルクなお馬さん(牝馬・牧場組) »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再浮上のキッカケとなる舞台は整ったので、あとはレースに行って確かな適性を示すのみ。アテにならない気性もここで変わり身を見せて欲しい。☆ロードセレリティ | トップページ | シルクなお馬さん(牝馬・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ