2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« スタートでやや後手を踏むもすぐにリカバー。ただ、Sペースからの瞬発力比べではどうして見劣ってしまいます。★ロードプレミアム | トップページ | 14日に美浦・国枝厩舎に戻っています。☆アーモンドアイ »

2017年12月15日 (金)

シルク&ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで13日に時計
・次走予定:1月6日の中山・ダ1800m(戸崎J)

加藤征師「13日に南Wコースで追い切りを行いました。5ハロンから時計を出し全体のタイムが72秒台と、強い負荷を掛けるというよりは目標のレースに向けて徐々にベースを作り直していくようなイメージで追い切りを行ったんです。動きとしてはまだこれからといった印象でしたが、前走後からの初時計ということを考えればまずまずイメージ通りの調教を行うことが出来たと思います。来週からさらに負荷を強めた調教を行い、目標に向けて動きや息遣いの良化を図っていければと思います。鞍上は戸崎圭太騎手に依頼しています」(12/14近況)

助 手 13南W良 72.3- 56.5- 42.0- 14.6 馬なり余力

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだゲートからの発進に対して不慣れな面を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「12月13日(水)もスタートを重点的に。どうしても一、二完歩目は幾らか遅れ気味ですね。でも、その後は大丈夫。まだ自分から・・・とは異なる感じながら、促せば進んで行くように変わっています。再び試験へ臨むタイミングを探りましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年明け早々のレースを予定しているヴェルトゥアルは前走後の初時計をマーク。ひとまず無理せずWコースでサラッと走り、それが時計になった程度のものです。状態は安定しているので、追い切りを重ねていって、相応の時計が出るかどうかが1つポイントでしょう。また、次走の鞍上は戸崎Jの予定となっています。

ザナドゥはゲート中心の日々から抜け出せませんが、非常にゆっくりながらも前進は出来ています。あとは試験当日、ザナドゥにスイッチが入っていれば、ギリギリ合格できるかもしれません。何とか年内に一区切り(合格)つけたいです。

« スタートでやや後手を踏むもすぐにリカバー。ただ、Sペースからの瞬発力比べではどうして見劣ってしまいます。★ロードプレミアム | トップページ | 14日に美浦・国枝厩舎に戻っています。☆アーモンドアイ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードザナドゥ」カテゴリの記事

ヴェルトゥアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートでやや後手を踏むもすぐにリカバー。ただ、Sペースからの瞬発力比べではどうして見劣ってしまいます。★ロードプレミアム | トップページ | 14日に美浦・国枝厩舎に戻っています。☆アーモンドアイ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ