最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳上NF・天栄組) | トップページ | 【動画更新】ショアーの16 »

2017年12月12日 (火)

【出資理由】キャサリンオブアラゴンの16

Photo キャサリンオブアラゴンの16(牡・高野)父ロードカナロア

【本馬の特徴】

一切の無駄を削ぎ落としたかのようなルックス。父と言うよりは母似で、現役2勝の半姉メイズオブオナーにも共通点を見出せます。いつも冷静に構えており、人間とのコンタクトも至ってスムーズ。跨った際にはこの時期の1歳馬らしからぬパワーが感じられ、ブレの少ない綺麗なフォームも魅力でしょう。初年度から絶好調のロードカナロア産駒に、また期待の星が加わりました。

【血統解説】

いとこにリアルスティールやタペストリーなど欧州重賞勝ち馬がいて、3代母ミエスクはBCマイルを連覇した競馬史に残る名牝。本馬はミエスクの仔であるキングマンボを3代父に持つので、キングマンボ=モネヴァッシア3×2の強烈な牝馬クロスが発生します。かなり思い切った配合と言えますが、血統表の6代目以降を見ても、サムシングロイヤル6・7×4、ヒズマジェスティ=グロースターク7・5×5・6など、複数の多重クロスが発生しており、パターンは異なりますが、キングマンボ産駒エルコンドルパサーで成功した牝馬の多重クロスを思い起こします。とにかく魅力タップリの配合で、大物出現の期待がかけられます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまで出資してこなかった母キャサリンオブアラゴン。同馬も強烈なクロスの持ち主なので、最初は敬遠していましたが、ロードカナロア産駒とすればやや異色のシルエット。ボリューム感のある馬体ではなく、垢抜けした雰囲気に惹かれました。パッと見、近親リアルスティール・ラングレーを彷彿する姿。素軽くバネのある歩様から非凡なスピードを秘めていると思います。また、顔立ちも良く、適度に活気ある様子も好感です。

この世代で単純に1番気に入ったのがキャサリンオブアラゴンの16です。それ故、思い入れは強くなってくると思います。あとは預託先の高野厩舎のスタイルに耐えうることが出来るかどうか。クロスが強いだけにそれが体質面の弱さに繋がらないか…。まあ、悪い方へ転じた時は真摯に受け止めたいです。

« シルクなお馬さん(3歳上NF・天栄組) | トップページ | 【動画更新】ショアーの16 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードアドミラル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳上NF・天栄組) | トップページ | 【動画更新】ショアーの16 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ