最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】【2017年度第1回追加募集】申込状況 | トップページ | 立て直した効果に期待してレースへ臨むも、今回も道中力んだ走りになって、最後まで集中力が続かず。★タイムレスメロディ »

2017年12月 6日 (水)

勝ち馬の強さばかりが目立ったレースも、マイルへの距離短縮で追走にモタモタ。最後は地力で何とか2着へ。★ロードダヴィンチ

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・藤原英)父ロードカナロア 母レディアーティスト

12月2日(土)阪神4R・2歳未勝利・混合・芝1600mにC.デムーロJで出走。13頭立て2番人気で5枠7番からスローペースの道中を6、6、5番手と進み、直線では中央を通って0秒7差の2着でした。馬場は良。タイム1分34秒9、上がり34秒3。馬体重は8キロ増加の518キロでした。

○C.デムーロ騎手 「身体もフットワークも大きなタイプ。前々のポジションへ付けるには、軽く促しつつ・・・と言った感じでした。最後までキッチリ駆けているものの、幾らかワンペース気味な印象も。あと1ハロンぐらい距離を延ばしても良いのかも知れません」

○田代調教助手 「ちょっと勝ち馬が強かった感じ。ロードダヴィンチ自身も頑張っているのですけどね。中1週でのレースを終えたばかり。まずは厩舎へ戻ってダメージ等を確かめ、その上で新たなプランを検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位直後で軽く促されていた。勝つ馬のあとを追うような進路取りだったが、直線に向くとサッと離されてしまう。ブラックジルベルトには競り勝って2番手を確保したが、トビが大きくてビュッと切れる脚がないのかも。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の左前脚に幾らかソエの症状が認められます。12月3日(日)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○田代調教助手 「間隔を詰めて使ったのに加えて、左前脚が幾らかソエっぽい感じも。一旦、トレセン近郊の牧場へ移しています。短期間で戻せれば・・・とは思うものの、そのあたりは移動後の様子次第。まずはリフレッシュを図りつつ経過を観察しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

人気馬の多くがマイルへの1ハロン延長に対して、ロードダヴィンチはマイルへの距離短縮。血統的にも大歓迎ですし、ここは決めてくれると思ったのですが…。終わってみれば、勝ち馬の力が圧倒的。サッと良い位置につけて最後の直線は独走。優に重賞レベルと言える程です。

それに対してロードダヴィンチは中1週でプラス8キロ。楽をさせた印象はなく、デビュー戦の反動が出たのかどうかハッキリしませんが、今回は道中の行きっぷりが一息。大型馬でフットワークの大きな馬なので、マイルは少し忙しかったのかな? また、フワフワした追走だったので、他馬に囲まれて気にした面もあったのかなと思います。

そして最後の直線、追い出されても、今回は前走以上にジリジリとした伸び。やや内にモタれる面も見受けられました。ロードダヴィンチはC.デムーロJの叱咤激励に頑張ってくれましたが、2着を確保するのが精一杯。勝ち馬を褒めるべきでしょうが、正直物足りなさを感じる1戦でした。

レース後のダヴィンチですが、左前脚にソエの症状。おそらくレース前にその兆候はあったんでしょう。ここまで在厩で進めてきたこともあり、ここは無理せずリフレッシュを図ることに。レース翌日の3日に滋賀・グリーンウッドへ放牧に出ています。まずはしっかり脚元のケアをお願いします。

デビュー戦の追い切りの短評は『芝向きのフォーム』でしたが、この2戦を見てみて、ダートの中距離が合いそう。砂を被っての心配はあっても、早い段階で1度適性を確かめてもらいたいです。

« 【シルク】【2017年度第1回追加募集】申込状況 | トップページ | 立て直した効果に期待してレースへ臨むも、今回も道中力んだ走りになって、最後まで集中力が続かず。★タイムレスメロディ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】【2017年度第1回追加募集】申込状況 | トップページ | 立て直した効果に期待してレースへ臨むも、今回も道中力んだ走りになって、最後まで集中力が続かず。★タイムレスメロディ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ