最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 13日に美浦トレセン競走馬診療所で骨片摘出手術を無事終えています。☆シルクドリーマー | トップページ | 【動画更新】ケアレスウィスパーの16 »

2017年12月14日 (木)

悩みつつも、やはりポチッと。

Photo ワンフォーローズの16(牝・藤原英)父ロードカナロア

【本馬の特徴】

母は3年連続でカナダ古牝馬チャンピオンに輝いた実績を引っ提げて来日。レディアルバローザ、キャトルフィーユ、エンジェルフェイスがタイトルを射止め、ケイアイファームの看板繁殖牝馬としての地位を築きました。本馬は体高が高く大柄。姉達に似た雰囲気を持っている他、非常に丈夫そうな印象です。乗り味良好。迫力溢れる力強い走りからも疑いようのない素質を秘めています。

【血統背景】

キャトルフィーユ'16の叔母で同じ父という血統。レディブラッサムが持つセクレタリアト=シリアンシーのクロスと、ワンフォー ローズの持つサーゲイロードから発生するサムシングロイヤルの牝馬クロスは、姪にくらべ6・7×5とやや濃くなり、より強い影響を受けそうです。レディアルバローザ、エンジェルフェイスの姉2頭にもあったザダンサー=カザダンコアのクロスももちろん保有しており、一見、薄いクロスのシンプルな配合かと思いきや、かなり凝った配合と言えます。父の産駒で母系にカロ、サーゲイロード、リボーを持つのは新馬勝ちしたトロワゼトワルと同じ。 父が替わり、2頭の姉よりもスピード豊かなタイプに出そうです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

11日の午前10時から先着順の通常受付が開始されたロード1歳馬。初日に満口になってしまえば諦めようと思っていましたが、12日になっても残口がある状況。そこから悩み出して、結局出資することにしました。

500キロちょっとの馬体に管囲19.5センチ。故障してしまう可能性は高いでしょうし、高齢の母の仔。兄姉たちはどちらかというと晩成型。会員優先期間に満口にならなかったのはこういうことを懸念されてのものでしょう。その一方で垢抜けした馬体、凛とした顔立ちと血統馬に相応しい雰囲気。ダートでも悪くないでしょう。最終的には預託先と母馬優先制度に後押しされた感じです。

これで母ワンフォーローズの仔はレディアルバローザ・ベルフィオーレに次いで3頭目。出資していたロードカナロアを父に迎え、どういう競走馬に育っていってくれるか興味は尽きませんが、まずは無事にデビューへの道のりを歩んでもらいたいです。

« 13日に美浦トレセン競走馬診療所で骨片摘出手術を無事終えています。☆シルクドリーマー | トップページ | 【動画更新】ケアレスウィスパーの16 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)フォーエバーローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 13日に美浦トレセン競走馬診療所で骨片摘出手術を無事終えています。☆シルクドリーマー | トップページ | 【動画更新】ケアレスウィスパーの16 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ