2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 14日に帰厩。引き続きC.ルメールJとのコンビで来週の東京・ベゴニア賞へ。☆アンブロジオ | トップページ | 14日に美浦へ。次走では内田博Jとコンビを結成することに。☆リゾネーター »

2017年11月17日 (金)

スッと前へ行けたデビュー戦とは違い、今回は追走に手一杯。最後方追走のまま何も出来ずに最下位に敗れてしまう。★ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

11月12日(日)福島10R・福島2歳S(OP)・混合・芝1200mに吉田隼Jで出走。13頭立て7番人気で1枠1番からハイペースの道中を13、13、13番手と進み、直線では中央を通って1秒9差の13着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分10秒9、上がり35秒9。馬体重は4キロ減少の486キロでした。

○松下調教師 「ゲートを出た雰囲気で運んで欲しい・・・と伝えていました。まだトモが緩い分だけスピードに対応し切らぬものの、パワーが付けば芝でも戦えるのでは・・・と言うのがジョッキーの感想。ただ、この結果を見ると・・・。当面はダート中心で行くのが妥当かも知れませんね。枠内で立ち上がり、注意を受ける形。制裁には至らずに済んだものの、ちょっと練習が必要でしょう。レース後の様子を確認した上で新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は11月16日(木)に千葉・ケイアイファームへ移動して冬以降の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○松下調教師 「脚元等は大丈夫ながら、肩から首が幾らか硬い状態。前輪駆動で走る現状だけに負担が掛かるのかも知れませんね。入厩から詰めて来たのも確か。大きく落ち込む前に、一旦リセットしましょう。移動後の状態に応じて帰厩時期を検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦から中1週、福島への長距離輸送を経て臨んだロードエースの2戦目。マイナス4キロでパドックでも落ち着きはあったと思います。また、馬っぷりはここでもヒケは取らず。『ひょっとしたら、芝でもやれるのでは…』と淡い期待を持ちました。

ただ、レースは思っていたよりも簡単には行かず…。スタートでやや後手を踏みましたが、デビュー戦のように二の脚でスッと前へ行けず。最後方を付いて回ることになるのですが、促しながらの追走。見た目にスピードに乗れてませんでした。そして、最後まで1頭も交わせないままゴールイン。一気に現実に戻されてしまいました。やはりダートでこそのタイプ。今後はダートの短距離を使い続けてもらいたいです。

レース後のロードエースですが、脚元に関しては大丈夫そうも、芝を走ったことで疲れ・硬さが目立っている様子。まずはしっかり楽をさせ、回復を促す必要があるでしょう。16日に千葉・ケイアイFへ放牧に出ています。

今回、全く良いところのなかったロードエースですが、揉まれ込んで最後失速してしまう敗戦よりも、何も出来ないまま終わったことは精神面のダメージは軽減できていると思います。しっかり状態を取り戻せば、デビュー戦のような快走がまた見れる筈。自己条件に戻る次走ではメドの立つ走りを見せてもらいたいです。

« 14日に帰厩。引き続きC.ルメールJとのコンビで来週の東京・ベゴニア賞へ。☆アンブロジオ | トップページ | 14日に美浦へ。次走では内田博Jとコンビを結成することに。☆リゾネーター »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 14日に帰厩。引き続きC.ルメールJとのコンビで来週の東京・ベゴニア賞へ。☆アンブロジオ | トップページ | 14日に美浦へ。次走では内田博Jとコンビを結成することに。☆リゾネーター »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ