2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« メンタル面に課題は残すも、直線苦しい位置から非凡な勝負根性を発揮。2・3着馬の追撃を封じて2連勝を飾る。☆アンブロジオ | トップページ | 緩い流れでもハミを取らず、追走に一苦労。最後はジリジリ伸びてはいますが、前が止まらない流れではここまでが精一杯。★ヴィッセン »

2017年11月30日 (木)

自分の競馬スタイルを貫くことは出来たも、Sペースの瞬発力勝負では辛くて…。今回のレースでの経験・感触を次走で生かして欲しい。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

11月25日(土)東京11R・キャピタルS(OP)・国際・芝1600mに三浦Jで出走。18頭立て6番人気で7枠15番からスローペースの道中を18、18、18番手と進み、直線では大外を通って0秒9差の11着でした。スタートでダッシュ付かず1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分33秒5、上がり33秒5。馬体重は増減無しの458キロでした。

○小島調教師 「後方待機策は指示通り。前残りで着順こそ振るわなかったものの、本馬のレースでの敏感な部分をジョッキーが掴んだのは大きいと思います。左回りよりも手前を替え難い特徴を理解した上で、右回りのマイルの方が合いそう・・・とも話していた点を頭に入れながら次の候補を選ぶ方針。具合は良かったとは言え、本質的には暖かい時季に調子を上げるタイプです。春へ向けて徐々に本来の姿を取り戻して行きましょう」

○三浦騎手 「2週連続で追い切りに乗せてもらい、事前に特徴を掴んで本番へ。作戦に沿って後ろからじっくりと運びました。ある程度は自分のリズムで走ることができた一方、上がりの競馬で4コーナーから動いた分だけ最後は甘くなってしまった感じ。もう少しは器用に競馬ができそうな印象を持っただけに、今回のレースで掴んだ部分を次に繋げたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は近日中に千葉・ケイアイファームへ移動して1、2ヶ月後のレース出走へ向けて態勢を整えます。

○小島調教師 「レースを終えたばかりで若干の疲れが窺えるとは言え、脚元等に違和感は生じていません。終いに伸びているのは確か。いつまでも展開が嵌るのを待つよりは、スプリント戦を使ってみるのも悪くないでしょう。近日中に短期放牧へ出そうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストらしい後方待機策で折り合いは問題なし。直線も小細工なしに大外へ持ち出し、懸命に追い掛けてくれたのですが、重賞級のメンバー相手にSペースの瞬発力勝負では分が悪くて…。

三浦Jはテン乗りでしたが、稽古で掴んだ感触をレースでしっかり発揮してくれたと思います。着順こそ冴えませんが、3着馬とはそう差はないので悲観的になり過ぎないようにしたいです。この経験・感触を次走以降に役立ててもらいたいです。

今後については、ケイアイファーム千葉でリフレッシュさせ、その後の状態を見て、予定を決める模様。現段階ではマイルで展開が嵌るのを待つより、距離を短縮して新味を求める方向が有力です。個人的にスプリント戦へ使うことは賛成ですが、その前にダートを1度試してみては?と思います。

昨年の京王杯AHで1着以降、掲示板に載ることすら難しくなってきているロードクエスト。成長力に乏しいのは否めませんが、ここまで頑張ってくれた功労馬の1頭。復活できればラッキーという気楽な立場で今後を見守って行ければと思います。

« メンタル面に課題は残すも、直線苦しい位置から非凡な勝負根性を発揮。2・3着馬の追撃を封じて2連勝を飾る。☆アンブロジオ | トップページ | 緩い流れでもハミを取らず、追走に一苦労。最後はジリジリ伸びてはいますが、前が止まらない流れではここまでが精一杯。★ヴィッセン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードクエスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メンタル面に課題は残すも、直線苦しい位置から非凡な勝負根性を発揮。2・3着馬の追撃を封じて2連勝を飾る。☆アンブロジオ | トップページ | 緩い流れでもハミを取らず、追走に一苦労。最後はジリジリ伸びてはいますが、前が止まらない流れではここまでが精一杯。★ヴィッセン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ