最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 自分の競馬スタイルを貫くことは出来たも、Sペースの瞬発力勝負では辛くて…。今回のレースでの経験・感触を次走で生かして欲しい。★ロードクエスト | トップページ | ムーアJはさすがの騎乗をしてくれましたが、最後の詰めの段階で今回も苦しくなって失速。やはりこの距離は長い様子。★ロードプレミアム »

2017年11月30日 (木)

緩い流れでもハミを取らず、追走に一苦労。最後はジリジリ伸びてはいますが、前が止まらない流れではここまでが精一杯。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都8R 3歳1000万下(ダ・1900m)8着(7番人気) 浜中J

まずまずのスタートを切りますが、行き脚が付かず最後方からの競馬になります。3コーナーあたりからロスなくインを突き、ジワジワ脚を伸ばしていきますが、最後の直線では同じ脚色になってしまったために8着に敗れています。

浜中騎手「少しでも置かれないようにゲートから気合いをつけて促して行きましたが、ハミを全く取らなかったために、後方からの競馬になってしまいました。3コーナーあたりで自分からハミを取ってくれたので、そこからは上手く内をついて上がって行けましたが、最後は同じ脚色になってしまいました。返し馬ではハミを取っていい感じで走ってくれるのに、競馬になるとどこで力を使えばいいのか分かっているような感じですね。今回は前が団子状態になっていたので、外を捲って行くのを諦めて内をつきましたが、伸びる時は外からビュンといい脚を使ってくれるだけに、馬込みを気にしてしまったところがあって伸び切れなかったのかもしれません」

石坂調教師「ここ最近の調教では、自分からハミを取って前向きさが見られていたので、もう少し追走が楽になるのではないかと思っていましたが、いざレースに行くといつも通りのヴィッセンでしたね。流れが速くなったあたりでスッと上がって行けたので、そのまま差を詰めることが出来ると思いましたが、前もなかなか止まってくれませんでした。年齢的なズブさが出てきているのかもしれませんが、馬自身がどこで力を使えば良いのか分かっているような感じなので、同じような競馬をして展開が嵌るのを待つしかありません。優先出走権が獲れればそのまま在厩させるつもりでしたが、これまでのように節を空けるために短期放牧に出して次走に備えようと思います。トレセンに戻り、状態を確認したうえでNFしがらきへ放牧に出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:28日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

石坂師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースの疲れは窺えるものの、それ以外は特に問題ありません。28日にNFしがらきへ放牧に出させていただきましたが、馬体のケアを行ってもらい、そのまま帰厩に向けて調整してもらうように伝えています」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前で競馬をしたい馬は結構いたと思うのですが、レースは雁行状態で進み、ペースはさほど上がりませんでした。それにも関わらず、ゲートを出て後方に待機したヴィッセンはハミを取らずについていくのに一苦労。元々ズブい馬ですが、年齢&レース数を重ねて、レースへの真面目さが欠けていっているのでしょう。

3角あたりでようやくハミを取ってくれたことでポジションを上げていくことは出来ましたが、前へ行っていた馬たちは余力を残しての追走。これでは前が止まりませんので、ヴィッセンには不向きなレースとなり、やや消化不良になってしまいました。また、神経質で気持ちの強い馬ではないので、浜中Jのコメント通り、直線で馬群を縫って抜け出そうとしたのもプラスには出ませんでした。

レース後のヴィッセンですが、相応の疲れは見られるようですが、全力を出し切っているとは言えないのでそれほど尾を引くダメージではない筈。28日に一足先にNFしがらきへ放牧に出ています。

次走についてはNFしがらきでの状態・動きを窺いながら決まるでしょうが、長距離輸送がダメな馬なので、1・2月の京都での出走となるでしょう。次走ではブリンカー・チークピーシズなど前向きさを促す馬具の着用をひとまずお願いしときたいです。

« 自分の競馬スタイルを貫くことは出来たも、Sペースの瞬発力勝負では辛くて…。今回のレースでの経験・感触を次走で生かして欲しい。★ロードクエスト | トップページ | ムーアJはさすがの騎乗をしてくれましたが、最後の詰めの段階で今回も苦しくなって失速。やはりこの距離は長い様子。★ロードプレミアム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の競馬スタイルを貫くことは出来たも、Sペースの瞬発力勝負では辛くて…。今回のレースでの経験・感触を次走で生かして欲しい。★ロードクエスト | トップページ | ムーアJはさすがの騎乗をしてくれましたが、最後の詰めの段階で今回も苦しくなって失速。やはりこの距離は長い様子。★ロードプレミアム »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ