2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 直線入口で一足先にスパートをかけて後続を突き放す。最後は苦しくなるも、それまでのお釣りが利いて後続の追撃を凌ぎ切る。☆インヘリットデール | トップページ | シルクなお馬さん(北海道組) »

2017年11月28日 (火)

先々を見据えて控える競馬を試みるも、2着馬にピタッとマークされたことが応える。直線で外から交わされると抵抗できずに完敗の5着。★ヴェルトゥアル

Photo ヴェルトゥアル(牡・加藤征)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

土曜東京9R カトレア賞(ダ1600m)5着(1番人気) C.ルメールJ

五分のスタートを切るも無理せず、道中は5番手あたりを追走、4コーナーから徐々に前を窺いに掛かり、直線に向いて追い出されますが、思ったような伸び脚はなく、5着でゴールしています。

C.ルメール騎手「スタートしてからは無理せず進めた結果、あの位置からの競馬になりましたが、まずまずペースも流れていましたし、前に勝った馬を見る形で、いいポジションだったと思います。道中は砂を被っても大丈夫でしたし、外からずっとマークされる形でしたが、特に気にすることなくリズム良く運ぶことが出来たものの、直線で追い出しても伸び切れなかったです。もしかするとワンペースなタイプで、初戦のように前々で競馬をした方がいいのかもしれません」

加藤征調教師「レースを終えて検量に戻ってきた時の息遣いがかなり荒かったですし、見た目には仕上がっているように見えても、久々の分もあってまだ中身が出来ていなかったのかもしれません。当該週の追い切りの動きはまずまずだったものの、1週前の追い切りが思ったよりも動かなかったですし、まだ良化途上だったのでしょう。道中は外からずっとマークされる厳しい形になってしまいましたが、おそらくそれで馬が戸惑ってしまったというよりも、直線でそれ以上ギアを上げる余力が残っていなかったのだと思います。申し訳ありません。この後はレース後の状態を見てどうするか判断したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ダッシュが付かずに後方からの競馬。直線は2着馬と一瞬併せ馬の形になったが、これに引き離されると、サッパリと伸びず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

このメンバーなら昇級しても互角の走りは出来ると見ていたヴェルトゥアルでしたが、ゲート出が一息で控える形を選択したのが仇に。ルメールJは早目に外へ出して追撃態勢を整えてくれたのですが、今度はそこへ2着馬が外から被せてくる形に。これは1番人気の宿命ですが、今回がキャリア2戦目&根性がある母系ではないので、見た目以上に応えた様子。直線でほんの少し内から抵抗する姿があったも、外から交わされるとヴェルトゥアルの脚色が鈍り出して…。追ってからギアは上がらず、見せ場のないままレースを終えてしまいました。

小細工なしに逃げていれば良かったと思いますが、先々を見据えて無理して出していくことはせず。控える競馬をさせたかったのでしょう。砂を被って嫌がるような面はなかったと思います。ただ、父スマートファルコンですから、自分のリズムでレースを引っ張っていく形が性に合っているのでしょう。

また、レース後、気になったのは息遣いの荒さ。一息入れて中身が伴っていなかったことが影響しているのなら良いのですが、喉に問題が生じていないか1度検査を行ってもらいたいです。

デビュー戦の快勝劇から、ガラッと悪い方へ変わっての5着凡走。2戦目で崩れるのは嫌なのですが、起ってしまったことは仕方ありません。ここは無理せずNF天栄へ放牧に出して、まずは心身のリフレッシュを図ってもらいたいです。そして少し時間を設けて、コツコツ乗り込むことによって確かな良化・成長を遂げて欲しいです。

« 直線入口で一足先にスパートをかけて後続を突き放す。最後は苦しくなるも、それまでのお釣りが利いて後続の追撃を凌ぎ切る。☆インヘリットデール | トップページ | シルクなお馬さん(北海道組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴェルトゥアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直線入口で一足先にスパートをかけて後続を突き放す。最後は苦しくなるも、それまでのお釣りが利いて後続の追撃を凌ぎ切る。☆インヘリットデール | トップページ | シルクなお馬さん(北海道組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ