最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 口向きの難しさという課題は残すも、東京のマイル戦を正攻法の競馬で押し切る。2戦目で嬉しい初勝利。☆アンブロジオ | トップページ | 1日に栗東・安田隆厩舎へ入厩しました。☆ダイアトニック »

2017年11月 2日 (木)

サッと2番手に付け、スピード十分な走り。直線では二枚腰を使って2着馬を差し返す。予想外のデビュー勝ち。☆ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

10月28日(土)京都4R・2歳新馬・混合・ダ1200mに池添Jで出走。16頭立て4番人気で6枠11番からハイペースの道中を1、2、2番手と進み、直線では中央を通って0秒2差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は重。タイム1分13秒0、上がり37秒3。馬体重は490kキロでした。

○池添騎手「先行できるスピードと共にパワーも秘めるタイプ。やはり1400mぐらいまでのダートが合っている印象です。直線で抜け出すと物見してフワッと。でも、後続に迫られると再びハミを取って頑張ってくれました。まだ馬体に緩さが感じられる現状。それだけに良化の余地を残すでしょう」

○松下調教師 「特徴を伝えると同時に、可能ならば前々で・・・とジョッキーにリクエスト。短距離の新馬戦なのに加えて、水分を含んで締まった馬場ですからね。人気馬が並び掛けて来た際は、交わされてしまうのかな・・・と。そこから踏ん張りが利いたのは、十分に調教を積んだ分かも知れません。良い結果を得られて何より。レース後の様子を確認してから新たなプランを考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ほぼ仕上がる。舌を括る。ゲートを出てすぐは速くなかったが、ダッシュを利かせて2番手に。マコトキッショウを行くだけ行かせて4角でも手綱は抑えたまま。ラスト300mで先頭に立ってから目一杯に追い出し、最後は二枚腰を使ってペルペトゥオを斥けた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、11月12日(日)福島・福島2歳S(OP)・混合・芝1200mに予定しています。

○松下調教師 「栗東へ戻ってからも大きな問題は無さそう。11月1日(水)には軽く跨っていますよ。芝の適性に関しては未知数。でも、試すならば早い段階で・・・も一案でしょう。次週の福島2歳S(OP)を視野に。ただ、現時点でジョッキーは調整中です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最終追いはCWコースで動いてくれたロードエースでしたが、それまでの調整過程から追って頼りないイメージでしたし、レースを使いつつ良くなっていってくれればと見ていました。

当日のパドックでは、見た目はキッチリ出来ていたかなと思いましたが、のんびりした周回。初めての実戦でまだまだスイッチが入っていないように感じました。また、人気を集めていた3頭は稽古でも動いていたし、仕上がりも上々。ちょっと分が悪いなあと改めて感じました。

いざレースですが、ゲートは普通も、二の脚が付いてスッと前へ。ハナにも十分行ける速さでしたが、2番手の外で追走。それほど速い流れではなかったと思うも、新馬戦らしい縦長の展開。育成時から感じていたように良いスピードを見せ、4角を回ってくる時も手応え十分。これは“勝てるチャンス!”と力が入りました。

ただ、直線で追ってからがモタモタ。逃げ馬を交わして先頭に立つも、その直後で圧倒的人気を集めたペルペトゥオが余裕十分で追走。アッサリ交わされることを覚悟したのですが、並び掛けられてからロードエースはもうひと踏ん張り。内から差し返して伸びると、最後は1馬身ほど突き放してのデビュー勝ち。まさかまさかのデビュー勝ちでした。

まあ、冷静に振り返ると、時計は平凡なのでメンバーが揃っていた割に凡戦だったのかもしれませんが、サッと良い位置を取り、スピード十分な走り。非凡なセンスは見せてくれました。あとは追ってから1段ギアが上がるようになってくれれば。今後、強い相手に揉まれるながら、地道に力を付けていってくれればと思います。伸びシロはまだまだある筈ですから。

レース後のロードエースは特に異常なし。中1週のローテで福島2歳Sを目指すことになりました。脚捌きの硬さ+パワフルな馬体から、ダートでこそだと思いますが、早い段階で芝を試すことは悪いことではないと思います。ただ、わざわざ福島まで持っていくことは正直疑問です。少し間隔を空け、関西圏の芝1200m~1400mの番組を選んでもらいたかったというのが本音です。出走となれば、大敗は免れないでしょうが、精神的なダメージが残るような敗戦だけは今から避けてもらいたい気持ちです。

« 口向きの難しさという課題は残すも、東京のマイル戦を正攻法の競馬で押し切る。2戦目で嬉しい初勝利。☆アンブロジオ | トップページ | 1日に栗東・安田隆厩舎へ入厩しました。☆ダイアトニック »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口向きの難しさという課題は残すも、東京のマイル戦を正攻法の競馬で押し切る。2戦目で嬉しい初勝利。☆アンブロジオ | トップページ | 1日に栗東・安田隆厩舎へ入厩しました。☆ダイアトニック »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ