出資馬一覧

« 9日に栗東・高野厩舎へ戻っています。☆インヘリットデール | トップページ | 9日に栗東・池添兼厩舎へ帰厩しています。☆アンナベルガイト »

2017年11月10日 (金)

【ロード】2017年新規募集馬・検討(2)

Photo キャサリンオブアラゴンの16(牡・高野)父ロードカナロア

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

キングマンボ=モネヴァッシア3×2の強烈な牝馬クロスとこの厩舎。リスクは大きいですが、単純に馬だけ見れば好印象なのがキャサリンオブアラゴンの16。

母系が良く出た1頭ですが、歩様は素軽く、スピードは間違いなくありそう。胴も詰まった感じではないので、マイルが合うのかなと思います。三振か1発長打か…。チャレンジしたくなりました。

« 9日に栗東・高野厩舎へ戻っています。☆インヘリットデール | トップページ | 9日に栗東・池添兼厩舎へ帰厩しています。☆アンナベルガイト »

キャサリンオブアラゴンの16」カテゴリの記事

募集馬【シルク&ロード】」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
流石! 焼魚定食さん(笑)

実はこの子私も狙ってます。
血統を見て興味もって、カタログの第一印象はピンとこなかったんですけど、動画は割といいですいね。
で、牧場見学写真を見て一目惚れしました。
(これってダメパターン多いんですけどね
上は勝ちきれていませんが、案外ロードの馬の中では早くから使えそうな印象で、同じく一か八か考えてます。

出資したかったキャトルフィーユっ子がどうも好みではなく、無難なんでしょうけど、やっぱり勝負したいタイプなので(笑)
牝馬は総合的に見てレディアルバローザなんですけど、うーん10万円かあと言う印象。
牝馬には特にケチなので。

あとはダノンのお馬さんを様子見で狙ってます。
これは後々問題なければ多分申し込むでしょう。

ぼんちゃんさん、おはようございます。
キャサリンオブアラゴンの16は良さげですよね。半兄が勝ち切れない、故障のリスクが高い厩舎&濃いクロスとマイナス要因が目立っていますが、利発そうな顔立ち・素軽そうな馬体・歩様に惹かれました。尾離れ・飛節の伸びなどを見ても、それなりのバネはありそう。半兄・半姉とはちょっと違ったタイプですね。

キャトルフィーユの16は価格を踏まえると悩ましいですが、馬体の雰囲気は母の面影を感じます。スパッと切れないでしょうが、マイル~1800mが合いそう。確かに無難な1頭だと思います。

牝馬はワンフォーローズの16・レディアルバローザの16は良いなあと思います。順調に育てば、OP級の馬には育ちそう。ただ、この母系は精神面に強い馬が少ないのが…。この2頭なら私はワンフォーローズの16かなと。

セール組はなかなかの掘り出しモノが潜んでそうですが、調教動画等を見つつ、様子を見たいですね。ただ、血統のポテンシャルは低いので、長く楽しめるかとなると難しいかも。それならケイアイ血統の3万前後で良い馬をチョイスしたいなあと思います。フィラデルフィアの16は小さいですが、どういう走りをしているか見たいみたい1頭です。

再度こんにちは☆
ワンフォーローズはパッとカタログを見たときの前肢の細さだけ気になったんですよね。
やな感じがしたと言うか。。。
最近は直観を重視してますが、当たったり当たらなくて普通に走ったり色々です。
確かにカナロアっ子なら牝馬のワンフォー子が一番上に行く確率高そうな気もします。
キャトルは馬体は母似で、距離が要りそうなタイプなのでカナロアよりキンカメの方が良かったかもしれません。
あと、実はレディアルバローザはカタログと牧場見学、どちらも目が気になるんです。
気が弱そうと言うか・・・単におとなしいのかもしれませんが。
メンタルが難しい恐れも確かにもってますね。
母はそんな事なかったですのにね。

あと様子見はグランプリボスの牝馬も少し気になってます。
この子は結構好みの馬体なんですよね。
牝馬の短距離は特に欲しいとは思わないんですけどね。

話しているうちに候補が絞れてきた気もします(笑)
長々失礼しました。

ぼんちゃんさん、こんばんは
ワンフォーローズの16は品のある雰囲気で血統馬らしさを感じますが、馬格を考えると管囲の小ささは気になりますね。キャトルフィーユの16は小柄ですし、幼い感じなので、仕上がりは遅めでしょうね。奥行きのある血統なので成長力はあるのでしょうが…。

母レディアルバローザは硬さが目立ってきて、晩年は成績がさえませんでしたが、最後伸び切れなかったのは精神的な脆さもあったかもしれません。まあ、元々この母系は根性が足りない馬が多いですね。耳がやや大きめで周囲を気にし過ぎるのかな?

セール馬は例年より粒がそろっている感じですね。ただ、血統的なポテンシャルに劣るので、早めに限界が来てしまいそうな…。順調に育つなら、 バグワイザーの16は面白いかもと見ています。

まだ、記事にしていませんが、とりあえずキャトルフィーユの16・キャサリンオブアラゴンの16・インディアナギャルの16の3頭を投函済みです。キャトルフィーユの16に縁がなければ、パーフェクトトリビュートの16をすぐ補填しようとも考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9日に栗東・高野厩舎へ戻っています。☆インヘリットデール | トップページ | 9日に栗東・池添兼厩舎へ帰厩しています。☆アンナベルガイト »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ