2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳牡馬・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

2017年10月22日 (日)

トモの緩さよりも前向きさに欠ける点がネックになってきそう。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「トモが緩いのは時間と共にしっかりしてくると思いますが、前向きさに欠けるところがある為に、力を抜いて走っているように感じます。今朝、坂路でハロン15秒を行う際、ブリンカーを着けてピリッとしたところが出るか確認したところ、思いのほか行きっぷりが良くなり、効果が窺えました。ずっと着けて逆に慣れてしまう場合があるので、速いところを行う時だけ着けるなど工夫していきたいと思います。馬体重は527キロです」(10/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道からNFしがらきへ移動後、程なくして入厩したアンナベルガイト。体力面でまだまだのところが目立ちましたが、第一関門のゲート試験は既に合格しています。

その後はNFしがらきへ戻って鍛錬中。少し疲れが出た時もありましたが、今はしっかり回復して坂路で速いところを乗り出しています。

ひとまず順調だと言えますが、今回の更新で前向きさに欠ける点を指摘。気持ちに体がついてきていないことが影響していると思いますが、真剣さが足りません。父はオン・オフの切り替えがしっかり付く利口さが1つ特徴でしたが、牡馬の産駒に父とは全く違う気の悪さを抱えたタイプが見受けられます。どうやらアンナベルカイトのこちらのタイプ。更新された画像ではブリンカーを装着して調教に取り組む姿が確認できます。レースでも着用していくことになるでしょうが、競馬で行き詰まった際に切り札となるように着用は我慢してもらいたいです。

« シルクなお馬さん(4歳牡馬・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)アンナベルガイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳牡馬・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ