2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】ロジャーズスーの16&ショアーの16 | トップページ | 障害転向6戦目で待望の初勝利。これまでの詰めの甘さを一変するような競馬ぶりで完勝。☆リミットブレイク »

2017年10月26日 (木)

抜群のスタートを生かしてマイペースの競馬に。最後の直線で追われるとしっかり反応し、鮮やかな逃げ切りで3戦目での初勝利。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

10月22日(日)新潟1R・2歳未勝利・混合・芝1600mに川須Jで出走。14頭立て7番人気で8枠14番からスローペースの道中を1、1、1番手と進み、直線では最内を通って0秒4差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は稍重。タイム1分36秒4、上がり34秒2。馬体重は増減無しの462キロでした。

○千田調教師 「周囲に馬が居ると幾らか気持ちが散漫に。そのあたりも踏まえ、ハナへ行ってもOK・・・と伝えていました。抜群のスタートを切って先頭へ。本当に強い競馬だったでしょう。引き上げて来た様子を見ると、初めて目一杯に走ったような感じ。馬場の悪化が稍重で済んだのも良かったかも知れません。いずれにせよ、1つ勝ててホッと。ひとまずトレセンへ戻ってダメージを確認し、その上で新たなプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

活気十分。ポンと好スタートを決めて、スンナリとハナへ・半マイル通過49秒6のSペースに。瞬発力をそがれる馬場も味方したが、直線は最後までスピードが衰えず、セーフティリードを保ったまま、鮮やかな逃げ切り勝ち。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○千田調教師「無事に栗東へ。相応の疲れは感じられるものの、馬体に関しては大丈夫そうです。このまま厩舎で調整を続けるか、再び放牧へ出して成長を促すか・・・。ある程度は番組も限られる状況。数日間の様子も踏まえつつ今しばらく考えさせて下さい」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

幼さがまだまだ目立ち、今回も案外な結果に終わるなら去勢することも考えて欲しいと思っていたロードイヒラニ。パドックの映像を見て、体高があって手脚の長い造り。距離延長はやはり合うイメージ。チャカチャカしていましたが、この馬なりには落ち着きがあった方かもしれません。あとは大外枠を生かし、揉まれない競馬でどこまで集中して走れるか…。それに尽きるなあと見ていました。

まず、レースでビックリしたのが、フライング気味のスタート。出た瞬間に1馬身くらい出ていて、小細工せずに逃げの手に出ました。先頭に立って、他馬を恋しがらないか心配ではありましたが、そこは1度追い切りで跨っている川須Jが気持ちを抜かさないように上手にリード。新潟・外回りの直線は長いですが、直線を向いた時の手応えは十分だったので、これは押し切れるかなと。実際、直線でしっかり追われると、イヒラニもそれにしっかり反応。後続を突き放して直線半ばではセーフティリードでした。展開&馬場に恵まれた面はありましたが、強い競馬を見せてくれたと思います。まあ、力を出し切れば、これぐらいはやれるということでしょう。川須Jもホント上手に乗ってくれたと思います。

レース後のイヒラニですが、特に変わった点はなし。ただ、初めて一生懸命走ったので、それなりの疲れはある様子。個人的には早い段階で1つ勝つことが出来ましたし、再度一息入れて、心身の成長を促すことを最優先して欲しいです。

« 【動画更新】ロジャーズスーの16&ショアーの16 | トップページ | 障害転向6戦目で待望の初勝利。これまでの詰めの甘さを一変するような競馬ぶりで完勝。☆リミットブレイク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードイヒラニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】ロジャーズスーの16&ショアーの16 | トップページ | 障害転向6戦目で待望の初勝利。これまでの詰めの甘さを一変するような競馬ぶりで完勝。☆リミットブレイク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ