2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳・牧場組) | トップページ | スムーズさを欠く場面があるも、ラストは目立つ脚を使っての5着。この条件では堅実に走ってくれます。☆グランドサッシュ »

2017年10月11日 (水)

予想外の逃げの手に出るも、リズム良く競馬を進めるのが出来たのは結果的に○。最後の直線で仕掛けられると後続を突き放してのデビュー勝ち。☆ヴェルトゥアル

Photo ヴェルトゥアル(牡・加藤征)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

日曜東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬(ダ1600m)優勝(1番人気) C.ルメールJ

好スタートを切ると押して先手を奪います。そのまま後続を引き連れてコーナーを回り、残り300m付近から徐々に仕掛けて後ろを突き放すと、2着に4馬身差と力の違いを見せつけデビュー戦を勝利で飾っています。

C.ルメール騎手「スタートが良かったですし『キックバックを嫌う面がある』と聞いていたので、砂を被らないように逃げました。道中はリラックスして走れていましたし直線でもまだ余裕がありました。直線半ばから追い出しましたが、そこからさらに伸びてくれました。とても強い競馬をしてくれましたし、走り方からダートが合っていますね。スピードがありますし距離もこれくらいがちょうどいいでしょう」

加藤征調教師「徐々に調教内容が良化しているところでの出走でしたが、勝ててよかったです。何頭か除外馬がいた中で、予定通り出走できたので運も持っている馬ですね。クリストフには砂を被ると嫌がるとは言っていましたが、まさかハナに行くとは思いませんでした。それにペースも結構いい感じで流れていたので、最後まで持つか心配でしたがさらに突き放してくれましたね。今後上のクラスに行くと簡単に逃げることはできないでしょうし、いろいろレースを覚えさせていく必要があると思います。まだパンとしていないですしあまり無理はせず間隔を取りながら使っていきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタートを決めてハナに立ち、道中もこの馬のリズムを守って走れた。稽古では追われて長く脚を使っており、この形ならばと直線で後続を突き放したのも頷ける。完勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【東京新馬戦】半兄セダブリランテスのスマートファルコン産駒ヴェルトゥアルが4馬身差で逃げ切る(スポーツ報知より)

8日の東京4R・2歳新馬(ダート1600メートル=16頭立て)は、スマートファルコン産駒のヴェルトゥアル(牡2歳、美浦・加藤征弘厩舎)が1番人気に応えた。勝ち時計は1分37秒5。

14番枠からすんなりと先手を取ると、マイペースの逃げを打った。そのまま直線でも脚を伸ばし、ルメールの右ムチが2発入ると、もうひと伸びして快勝。2着のオクタヴィウスに、ゴールでは4馬身の差をつけた。

騎乗したルメール騎手は「いいスタートが切れたので、外枠から逃げることができた。リラックスして走れていたし、長く脚を使った。ゴール前でも伸びていた。ダート向きだし、1600メートルも合っていたと思う」と影を踏ませぬ逃げ切り勝ちを振り返った。

加藤征調教師は「砂をかぶるのが好きじゃないので、積極的な競馬をしてもらった。枠順も良かったし、除外されずに使えたツキもあった。幸先がいいですね」とデビュー勝ちをたたえた。

半兄にラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテス、オープン特別3勝のモンドインテロがいる良血馬。次走は未定だが、今後の活躍が期待される。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最終追いは古馬に先着と格好をつけるも、追い切り時計は強調できるものではなかったヴェルトゥアル。正直、1度使ってからの期待と見ていました。

レースではまずまずのスタートを切り、ヴェルトゥアル&ルメールJは内の他馬の出方を窺っていましたが、逃げを主張する馬がなかったので無理に控えずハナへ。逃げは想像していませんでしたが、この父の仔なので終わってみればこの選択は○。ただ、淡々とレースは流れていましたし、4角を回って直線を向くと、外から他馬が勢い良く追撃態勢。追い切りでは追って案外な感じだったので、このまま飲み込まれてしまうかと一瞬思いましたが、そこから仕掛けられるとじわじわ反撃。坂を駆け上がったところでルメールJの鞭が2・発入ると、後続を更に突き放す形で再加速。ストライドが大きくなり、長く良い脚を繰り出してくれました。

終わってみれば、レース前の不安を払拭するような圧勝劇。実戦で変わるのは血統馬らしい1面ですが、サッとハナへ行ったことで自分のリズムで走れたのが良かったんでしょうねえ。ルメールJのナイス判断です。また、脚抜きの良い馬場で好時計+内容のある走りが出来たのも今後への明るい材料です。

将来的に芝に挑戦することはあるでしょうが、まだまだパンとしていない現状を踏まえると、当面は放牧を挟んで大事に使って行ってもらえればと思います。

« ロードなお馬さん(2歳・牧場組) | トップページ | スムーズさを欠く場面があるも、ラストは目立つ脚を使っての5着。この条件では堅実に走ってくれます。☆グランドサッシュ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴェルトゥアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳・牧場組) | トップページ | スムーズさを欠く場面があるも、ラストは目立つ脚を使っての5着。この条件では堅実に走ってくれます。☆グランドサッシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ